2017_10
21
(Sat)21:41

台風21号の接近が早まったので、今日、京都へいく予定だったのを中止。

ただ、菓子がピンチなので、午前中に奥さんが京都へいって菓子を買ってきてくれた。

台風に降り込められたときのために、食材などを買い込んできて、午後からゆる茶。 

 

湯が沸くのに時間がかかるので、まず、釜から。 

PA214013 (512x384)

 

濡らすと、「もり山」はこれまたなかなか風情がある^^

ちょうど雨なので、れいの、貫之の「白露も・・・」の歌の雰囲気。

 

PA214017 (512x384)

 

PA214016 (384x512)

 

頼んだほかに、奥さんが見繕ってきてくれた菓子。 

PA214021 (448x336)

 

栗きんとん  亀屋良長

材料は、栗と砂糖だけ。

ちょっと甘めだけど、なかなか悪くないか。

雨もあり、奥さんの都合もあり、京都駅近辺だけだった。

 

PA214030 (448x336)

お疲れで、寝てしまった奥さん(笑

いつものことといえばいつものことだけど。

(こんだけの道具が揃うようなお茶会で、ごろっ、ZZZZ・・・って。ふつうなら、絶対、できない(笑)

 

茶碗、飴釉茶碗(虚室さん)と替えに、古唐津。

古唐津は、「村雨」としようかと前から思っているが、なぜか、雨の日につかいたくなる。

「村雨」は釉薬の具合が、雨のようでもあるので。

 

PA214031 (512x384)

 

それにしても、お茶会などではなく、ふつうに、うちで、日常的に、このくらいの道具でお茶ができるのは、なんとも、しあわせというか^^

リーマンショック以前なら、とても、手に入るような道具ではないだろう。

20年ちょっと前、楽美術館へいったとき、ちなみにおいくらぐらいですか?と聞いたら、1千ン百万くらいです(正確におぼえていないので)と答えが返ってきた。新品の、当代の黒楽茶碗、一碗の値段だ。

あるいは、京都大丸で、茶道具の古道具がでていて、そのなかに、吉左右衛門の筒の黒楽があったが、たしか、800万くらいだったかな・・・。

そのとき、とてもじゃないが、縁がないなぁ、と思ったものだ。

(その当時は、茶碗しか興味がなかったのでほかの道具の値段はしらない)

 

ところが、ここにきて、こんな調子で、いろいろ手が届くようになった。

吉左右衛門の楽茶碗はまだ持っていないが、まあ、同クラス(価格はさておき)の道具(だろう)。

 

考えてみれば、いくら何代にもわたって培われてきた技術による、素晴らしい茶碗だったとしても、茶碗一碗、1千何百万だの、馬鹿げた話。

ほんと、そんな馬鹿げた時代やったんやなぁ、あの頃は、と。

 

ある意味、いまのネットオークションは、宝の山。

一方、関心のない人、関係のない人にとっては、ゴミの山(笑

ただ、宝の山とはいっても、玉石混淆。石ころも、非常に多い。ニセモノ、ではなくても、石ころもほんとにたくさん。でも、その石ころも、誰かにとっては、宝かも(笑

石ころと玉を見分ける目があって、自分の好みがよくわかっているなら、それなりに気にいるよい物が、バカげた値段ではなくて、手に入る。

 

と、いうような話しを奥さんとしたり。

PA214028 (512x384)

今回の鶴首釜についても。

初めて見たときから、奥さんも、綺麗といっていた。

動かしがたい姿、線をもった、唐物のような釜だと。

あと、知足と比較して、話したり。

 

こういう道具を、美術館でも博物館でもなく、特別なお茶会でもなく、うちで気楽なゆる茶で目の前にして、しかも使いながら、いろいろ話すのは、なかなか、たのしい^^ 

 

PA214035 (512x384)

 

午後3時くらいに始めて、気がつくと日が暮れていた。。。

(釜のことばかり書いてるが、今日の画像は、水指しも^^ 光や角度によってこんなにも艶や色あいが変化するというのが、よくわかる)

 

関連記事
スポンサーサイト
2017_10
20
(Fri)21:09

台風が来る前に、軸を掛け替え。

いったん、風早中納言の桐の軸にしたが、鶴首との相性がイマイチ。

風早中納言の軸は、萬字釜、菊桐棗、独楽棗、茶碗は白菊などがよかった。

風早中納言はやめて、予定していた軸に。 

 

PA203980 (384x512)

秋山路という軸。

ま、本物ではないと思うので、画家名はナイショ(笑

 

タイトルどおり、秋の山路を描いた南画。

面白いのは、秋の山路だというのに紅葉らしい紅葉がほとんど描かれていない。

そのくせ、岩肌や衣類、家などが渋い紅葉の色をつけてあり、絵全体に紅葉した秋の雰囲気。

それが面白いので、手に入れた。

ただ、手に入れたのは雲龍釜といっしょで、春だった。届いて見てみたときは、なんとも、これは、やっちゃったかなぁ・・・と。でも、まあ、秋になればそれなりによくなるかも、とちょっと期待していた。

掛け軸というのは、画はもちろん、表装に至るまで、けっこう、というか、かなり季節を重んじているようで、季節外れのものはどんなにいい絵でもよいように見えない。不思議といえば不思議、面白いといえば面白い。

で、この秋山路。

先日、10月はじめ頃に一度だしてみたが、そのときもイマイチ。これはますますヤバイとおもいつつ、今日だしてみると、これはこれで悪くない。

前見たときはガチャガチャしすぎだった表装が、落ち着いていて、画が引き立っている。

すくなくとも、春やこの前のように画を殺していない。また、むさ苦しくない。

 

それに、すっきりしている鶴首には、このくらいの軸がいい感じ。

 

PA193951 (512x384)

濡れた釜も、紅葉したみたいに赤いのもいい(画像は昨日の)。

かわくと茶色くなってしまうが。

釜のカタチは、富士釜ほどはないにしろ、山といえば山。蓋も赤いので、釜と蓋で紅葉した山と見立てる。

PA203983 (448x336)

 

 白露も時雨もいたくもる山は 下葉のこらず色づきにけり 

 

と、ここで、『古今』の貫之の歌。

釜は、まだ、下葉こらず色づいていない守山^^

いや、釜なので、「漏る山」というのはいいような、わるいような銘だが、なんか、漏る山というのが気に入ってしまっていて。

笠取山とか、小倉山とか、龍田山とか、あと、まあ、吉野とか、紅葉の名所の山はいろいろあるけど、なんか、この貫之の歌もよくて。

 

ついでにいえば、水指しも、見る角度によっていろいろに見える。

「東光」という銘が碌々斎さんによってつけられているが、曙の赤を見たのだろう。

でも、今回は、紅葉ということで。

PA203994 (448x336)

 

茶碗と薄茶器はこれ。 

PA203989 (448x336)

 

茶碗は、猪飼さんの黄瀬戸。

薄茶器は、正玄さんの竹大吹雪。

替え茶器は、宗哲さんの溜薬器。

 

PA204000 (448x336)

これも、秋の色。

しかも、竹という素材と、すっきりしているところが、鶴首と相性がいい。

 

PA203997 (448x336)

黄瀬戸も秋の色。

もともと、今ごろ使っていた。

白菊にしろ、このあたりの道具と取り合わせても引けをとらないところも、いい。 

 

PA204001 (448x336)

菓子は、若菜屋さんの栗納豆。

(食べてから、写真を撮り忘れたことに気づいて・・・。なので、食べかけ^^)

ほかに、ときわ木(かぎ屋政秋)。

オーツ麦ビスケット(どこかの輸入品)。

 

PA203986 (512x384)

庭はまだこんな感じで、どうだんがすこし色づきはじめただけだけど。

(なつはぜと小さい紅葉は夏の間も色づいていた)

ゆる茶は、秋山路ということで^^

 

それにしても、ほっとした。

10月前半、ちょっと、力みすぎたせいか(笑

このくらいのテーマで、さらっと取り合わせるのが、気も楽で楽しい。

 

でも、まあ、風早中納言には、萬字釜、などなど、取り合わせがなんとなく決まってきたので、それはそれでよかったけど。

 

PA203996 (512x384)  

 

替え茶碗、念のため、白菊をだしておいてみた

が、黄瀬戸がよかった。

 

関連記事
2017_10
19
(Thu)22:17

人にはそれぞれ、趣味や好みがあるので、あくまでも、ぼくの、好み、趣味ということだけど(と、断るまでもなく、ブログなんて、書いてる人間の趣味や好みに過ぎないのだけど)。

 

今まで、「極まった」茶碗だの、薄茶器だの、水指しだの・・・(もちろん、あくまでも、ぼくの趣味、好みで)。

釜も、とうとう、なんか、そんな釜に出会えたみたい。。。

PA183946 (512x384)

 

なんとも、まあ、シンプルな・・・。

ちょっと、蓋を取ってみる・・・。

 

PA183938 (512x384)

 

まあ、ふつうの、いわゆる、鶴首釜。

ネットの画像で見たとき、あまりにも美しかったので、ついに。

実物を見て、ドキドキした(笑

この写真撮ってるときも、ドキドキ(笑

 

PA183950 (448x336)

 

天明浄元さんの、鶴首釜だと、15代淨心さんが極め。

萬字釜の浄元さんは、6代。古浄元。

こちらは、天明の浄元、つまり、9代浄元。佐兵衛浄元。

ネットにでてるときは「6代浄元」とあったけど、極書きを見て、「9代やんか」って。

いや、ま、9代でも6代でもいいけど、とにかく、釜自体の画像が、美しかった。

 

そして、実物も、やっぱり、美しい。

PA193972 (512x384)  

フォルムと、肌の調和。

鶴首という形は、液体の入れ物のカタチとしては、たぶん、とてもオーソドックスで、普遍性がある。

釜だけでなく、花入れなどにもあるし、鶴首とはいわなくても、徳利とか・・・。

釜としては、ある意味、シンプルだけど個性的といえば個性的かもしれない(が、よく目にするのでそんなに特別とは感じないけど)。

個性的、というのは、凸面と凹面がなだらかにつながっているところ。

釜は、たいてい、凸面だけからできているものがおおい。繰り口釜や、唐犬釜などもふくめてほかにもあるといえばあるが、鶴首ほどどちらの面も多いのは、多くない。

 

そんな、オーソドックスで普遍的で、釜として個性的なフォルムに、この肌。

PA193962 (448x336)

口元はすこしだけ荒らしてあるが、この加減もとてもいい。

所々に、巣も入れてある。

 

PA193965 (448x336)

 

アップにするとこんな感じだが、この肌、この色合いだからこそ、調和している。

これが、たとえば、つるてかとしたなまず肌だったらどうだろう?

あるいは、ゴツゴツとした岩肌だったら・・・。

たぶん、この鶴首にそんな肌は似合わない。

し、ぼくの好みでもない。

 

PA193963 (512x384)

 

毛切りも、すーっと細くて美しい。 

PA193967 (448x336)

 

毛切りの上下で肌をかえる場合もあるが、これはおなじ肌。

そこもいい。

変えてあったら、ちょっとわざとらしくなりそう。

 

口も、このやつれがとても自然でいい。

案外、こういう容器類の口というのはむつかしい。

どういう口にするかで、全体の印象がぜんぜん変わってしまう。

印象だけならいいが、せっかくのボディが台無しになってしまうことだってある。

うえの全体の画像で見ても、口はとても自然で調和している。

PA193975 (448x336)

 

そして、鐶付。 

PA193968 (512x384)

 

釜にとって、鐶付は必要不可欠。

もっとシンプルに、遠山という手もあっただろうが、それではかえって目だちすぎる。

ここは、鐶付としては、ありふれた、オーソドックスな、鬼面で。

そして、この位置、この付け方、この角度。これが、調和していて、かわいい^^ 

 

PA193951 (512x384)

蓋は、浅めの掬い蓋。

シンプルに掬い蓋。

この掬い具合もこの釜本体によく調和している。

ツマミは梅は梅だが、ただ溝が彫ってあるだけではなく、花弁ごとに盛りあがっている梅。

この蓋の赤も、釜肌の色合いによく調和している。

 

PA193969 (512x384)

 

釜として、必要最小限のものしかそなえていないが、まったくシンプルでしかないけど、どこを見ても、どこから見ても、妙なる調和。

 

PA193959 (512x384)

 

あまり近づきすぎず、やや離れてみると、ほんとうに肌が美しい。

ドキドキする(笑

この肌を見ていると、テンションが上がりつつ、リラックスして、落ち着く。

侘びて満ち足りてくる古浄元さんの萬字釜とは対照的。

萬字釜は、肌、萬字紋、雷紋のうち様、やつしてある毛切り、肌や地紋の荒し方などなどとても行き渡っていて相当な腕だと感じたけど、でも、さらに、この鶴首をつくった釜師は腕が立つかと。

なので、佐兵衛浄元でいいかな、とも。

 

ほんとに、妙なる調和。

こんな釜があるなんて・・・。

これらの要素のなにが欠けても、こんなに美しいとは感じないだろう。

しかも、この要素は釜として必要最小限のものだけ。

 

鳴りは、やや高く、肌とおなじで、テンションが上がる一方、穏やかに落ち着かせてくれるような鳴り。

[広告] VPS

まあ、この動画では、あんまりだけど。。。

 

 

PA193976 (512x384)

 

釜鐶もついていた。

細い、釜鐶。

これも、佐兵衛浄元作?



関連記事
»