2017_11
21
(Tue)22:21

いきなり、冬到来、というか。。。

(でも、まだ序の口)

比良山も、冠雪(初冠雪は、19日だったかな)。 

PB204581 (512x384)

 

やっと、初冬らしい初冬^^

最近、冬らしくない冬が多いので、ちょっと、うれしかったり?

 

それはそうと、お茶の部屋の軸。

さすがに、この寒さで桜風景図はなんだかしっくり来ないので、別の軸にしようかな、と。

なににしようか。

「林和靖」なんかどうか、と思ったが、そういえば・・・と、ためしにかけてみることに。

 

草花図(景文)。 

PB204566 (384x512)  

 

天地、中廻しなど、春っぽいのでちょっとどうかな、とは思ったものの、かけてみると案外いい。

 

PB214590 (384x512)

 

扇面で、蓮華と菫。

桜風景図よりは春が深まって、このあたりでは5月の感じ。

 

PB214591 (512x384)

 

PB214593 (384x512)

外は、初冬の紅葉(いや、晩秋というべきか・・・)。

 

ただ、この軸のおかげか、部屋の中はぽかぽか春(気分)^^

PB214589 (512x384)

 

軸 扇面草花図  景文

釜 中丸萬字釜  古浄元造  12代寒雉極

茶碗 朱釉黒茶碗  弘入造

 替 源氏香紋飴釉茶碗  虚室造

薄茶器 菊桐棗  又玄斎一燈在判

  替 一閑溜吹雪  ナゾの花押入り 岸一閑造

水指 古唐津水指  銘 東光  啐啄斎箱

菓子 京観世 鶴屋吉信 

   栗納豆 若菜屋

茶杓 自作

 

と、なんとなく、今日は茶会記風に^^

しかし、表千家と裏千家の宗匠が(笑

ふつう、ありえへん?(笑

 

PB214594 (512x384)

 

二服目から、薄茶器を替えて。 

PB214597 (384x512)

 

PB214598 (512x384)

替え茶碗は、結局使わなかった。

  

PB214599 (512x384)

おなじ「卍」がいくつ打ってあるのか、数えたことはないが、欠けていたり、荒らしてあったり、うすかったり、などなどひとつひとつがちがっている。

ウォーホルのマリリン・モンローどころじゃない(笑

鉄の味と、鉄のいろあいと、鉄の肌合いとで・・・シブイ^^


関連記事
スポンサーサイト
2017_11
19
(Sun)23:28

今日は晴れ。

光が澄んでいて、道具がとても美しい。

PB194521 (512x384)

 

今日も鶴首で。

PB194512 (512x384)

濡らすと、ほんのり朱くなる。

 

PB194515 (512x384)

かわくと、ふんわり朱い。

 

PB194514 (512x384)

 

PB194519 (512x384)

 

茶碗、虚室さんの飴釉。

それにあわせて、菊桐棗。

拭き漆の平棗では、すこし地味かなと思ったので。 

PB194524 (512x384)

 

PB194528 (512x384)

釜とも悪くない。

 

棗も綺麗。

時代の味が出て、ほんのり小豆色。

PB194526 (512x384)

 

PB194530 (512x384)

 

二服目は、朱釉を使いたくなった。

赤茶碗は、手にとってはみたが、今日は使わなかった。

PB194533 (512x384)

 

PB194532 (512x384)

朱釉と菊桐もわるくない。

朱釉がちょっとあでやかなので、やり過ぎかな、と思ったけど。

 

PB194536 (512x384)

 

PB194541 (512x384)

朱いような、黒いような、茶色いような、紫のような・・・。

ワインのような色目。

光によって、部分によって、若いメドックから、熟成の入ったジュヴレみたいな^^

 

PB194542 (512x384)

 

PB194547 (512x384)

見込みの黒が、ふかく、つややかで魅了される。

朱釉のせいか、黒いところは青みがかっているように感じる。

 

替え茶器は、一閑の吹雪。

この吹雪は風格がありすぎ、かな。

PB194540 (512x384)

 

PB194551 (512x384)

暮れてくると、黒くなる・・・

(画像は明るすぎ。明るさを暗くして写しているが、どうも、見た目とちがって、うまく暗くならない)  


関連記事
2017_11
18
(Sat)20:16

今日はあいにくの雨。

雨の日は、菊水の釜はなにかちがう。

雨の日には、鶴首がしっくり来る。

 

PB184474 (512x384)

たまたま、客の席からだと、古唐津の水指しも、「東光」という銘があるように、ほんのり赤く見える。

 

PB184475 (512x384)

窓側から、順光だとこんな感じ。

こんなふうに、光によっていろいろと違って見えるのが、この水指しのおもしろさでもあり、魅力でもある。

 

PB184476 (512x384)

 

PB184478 (384x512)

 

PB184481 (384x512)

 

PB184483 (512x384)

茶碗は、朱釉黒茶碗。

棗は、拭き漆平棗。

 

黒茶碗は、ほとんど、いつでも使えそう。

季節感をだしたいなら、筒と平を両極にして、口の大きさと胴の高さで細分化していく、といった感じか。

真冬には筒。夏には、平。そのあいだに、口径と高さで順序をつけていく。

 

棗は、鶴首にはあの竹吹雪はちょっとおおきくて不釣り合いなので。

また、この平棗は木目を水の流れと見立てて、桜の季節にハケメ尻張り釜といっしょに使った。

鶴首は、もり山で秋。なので、棗は、春のものを。

 

PB184484 (384x512)  

 

菓子は、京観世(鶴屋吉信)、栗納豆(若菜屋)、等。

 

PB184491 (512x384)

朱いような、黒いような、茶色いような・・・。

つかみ所がない感じ。

晴れていると、もっと朱があざやか。

今日のように雨で暗いと、黒くなる。

そういうつかみ所のなさから、いまのところ「鵺」とよんでいる(笑

 

腰の篦目が「N」のようになっていて、それを見て奥さんが、

「よくみたら、エヌ、ユー、イー、になってへんか」だって(笑

また、「N」が波のようでもあり、「鵺は流されるので(能の「鵺」のこと)、おもしろいね」と。

そこまでは考えてなかった^^

 

PB184485 (512x384)

朱くて、茶色くて・・・だけど、やっぱり、どう見ても黒茶碗。

 

PB184489 (512x384)

 

PB184493 (512x384)

 

目で見たところは、もうすこし暗かったんだが・・・。

カメラ、やたら明るくとれる気がする。。。


関連記事
»