2017_07
11
(Tue)00:30

先週の、水曜日だったか、木曜日だったか。

深夜、すでに12時近い頃、ひとりでちょっと出かける用事があって、いつもの99段階段を下りていった。

すると、なんか、長い、ほそいものが、のったりと横たわっている・・・。

懐中電灯で照らしてみると、どうやら、蛇らしい。

頭をしたにして、階段の左端の方に尻尾、階段の2,3段に跨がって、のったりとのびているかんじ。

体は白くて、黒い楕円のような模様がならんでいる。

頭から尻尾まで40~50センチくらいかな。

 

ちょっとビックリして、まず、頭を懐中電灯で照らしてよくよく観察。

毒蛇だったらヤバイ。

でも、頭の形から、どうやら毒蛇ではなさそうだ。

(このへんで毒蛇と言えば、マムシかヤマカガシくらい)

ただ、今までこんな模様の蛇、見たことがない。

マムシ、ヤマカガシ、シマヘビ、アオダイショウ、カラスヘビ・・・くらいしか知らないけど、そのどれともちがう。

 

死んでいるのか?

と思って、二三段離れたところで、階段を踏んで音を立ててみたが、ぴくりともしない。

死んでいる・・・。

にしては、なんだか、そう、生きている蛇独特のあの感じで、いようにぬめぬめつやつやしている。

ちょっと気持ち悪いので避けて通った。

 

帰り。

奥さんにこの蛇の死体のことを話して、「階段に蛇の屍体があるから気をつけた方がいい、そっちを歩かない方がいい」なんて言ったり。

たぶん、屍体にしてはいようにぬめぬめ、つやつやしていたので、どここかで屍体じゃないと思っていたのかも知れない。

そして、階段をのぼっていくと・・・どこまで行っても屍体がない。

階段をのぼりきっても結局屍体はなかった。

ものの数分もたってないのに・・・。

 

まあ、人間の遺体が無くなったのなら一大事かも知れないが、蛇の屍体くらい・・・。

と、思いつつ、ネットで検索してみた。

 

どうやら、シロマダラ という蛇らしい。

夜行性で、トカゲやヤモリなどを食べているとか。

「幻の蛇」などとも言われているのだそうだ。なかなか人目につかない蛇らしい。たしかに、五十何年生きていてはじめて見たのだから。

 

でも、面白いのは、死んだマネをするらしい、ということ。

以前、テレビで、死んだマネをする蛇というのを見たことがあるが、それは、腹を上にしてぐにゅぐにゅとなっていた。

で、背中を上にすると、また、ひっくり返る・・・。

(名前は忘れた。蛇だったと思うけど・・・。それにしても、表がえすと裏返るのが死んだマネをしていることになるかどうか・・・)

 

そのひっくり返る蛇にくらべると、シロマダラの死んだふりはどうに入っていた。

のってり、のびている感じで。

くちなは、と蛇の古語を思い出したが、朽ちた縄かのびたゴムのようでもあった。

もっとも、蛇の屍体なんて、たいてい、道路で車に轢かれているようなのとか、そんなのしか見たことないので、こんなふうなのびた屍体がほんとにあるのかどうか。

いかにも、のたれ死ました、行き倒れました、って感じ。

ただ、行き倒れたり、のたれ死にした割には、肌つやがいようにいきいき、ぬめぬめ、つやつや。

 

模様も生きている物の画像とはすこし違っている感じがした。

黒い楕円に見えた。

頭と尻尾の方に長い楕円。

それが、首の辺りから尻尾の方へ、規則正しくならんでいた。

ま、こんな感じ。

P7102387 (448x336)

 

ネットの画像で見ると、黒のまだらはこんな形をしていない。

筋肉まで弛緩しきった迫真の演技?

 

ネットの書き込みに、「200個体くらい見たけど、擬死の状態を見たことがない」みたいな書き込みもあった。

それからすると、幻の蛇の幻の姿だったということだろうか。

 

行きに写真を撮ろうかとも思ったが、屍体だから、帰りにもあるに決まってるから、と撮らなかった。

どこかでは、屍体にしてはへんだなぁ(肌のつやとか)、と思いつつも。

まんまと一杯食わされた、というわけだ。 

 

それにしても、あの姿を思い出すと、ちょっと吹きそうになる。

よっぽど、シロマダラくんもびびったんやろうな、と。

いくら擬死がうまいといっても、やっぱり、三十六計逃げるにしかず。

なのに、死にマネするしかないほど、せっぱ詰まってたんだろうから。

シロマダラくんにしても、一か八かの大ばくち、やったんやろうな。


スポンサーサイト
2014_12
04
(Thu)23:53
 先月、11/28に、例によって、恒例の年中行事となった、健康診断へ。
 まだ、「成績表」(なぜか掛かっている病院では、結果を「成績表」といっていて三週間後ぐらいに郵送されてくる)は届いていないが、わかるものはわかる。
 
 一番気がかりだったのは、胃袋。
 今年の初めにピロリ退治をしたことはいいが、なんか、11月に入って胃の調子がひどく悪い。
 いわゆる、ビロリ退治後の胃酸過多なのか、空腹時に不快感があったり、ひどいときは軽い吐き気も。
 胃酸を押さえる胃薬を飲むとそれなりにすっきりするのだが、それでも、なんか違和感とかがある。
 で、こんな調子だとたぶんまた胃が荒れているんだろうな、ピロリは退治したがきっと良くないんだろうな、と思っていた。
 胃カメラの結果は……なんと、きれいな胃袋なんでしょう!(笑
 胃袋ばかりか、去年は食道や十二指腸も荒れていたが、これもきれいさっぱり。
 画像を見せてもらえるのだが、ぜんぜん違う!
 去年の胃袋は萎縮性胃炎で、赤いぼつぼつみたいのが散らばってて、そうじゃないところは網をかけたみたいに白くなってる、っていう悲惨な状態。ほんと、いまにも、くたばっちまいそうな、いかにも具合が悪い、胃袋さんだった。
 が、今年は、ほんとに、ピンク色でつやつやしていて、綺麗。
 ただ、ビロリの後遺症、というか、傷跡というか、「これがピロリの巣くっていたあとです」みたいな説明を先生がしてくれたが、そんな細かい皺があるだけ。
 なんでも、ピロリ退治をしてから2~5年で胃袋は修復するそうだ。
 まだ、半年くらいなのでこのくらいなのでしょう、という話だったが。
 じゃ、なのに、どうしてこんなに胃の調子が悪いのか、と聞いてみたら、「それは、神経性胃炎なのでは」という答え。
 たしかに、見た目胃袋は何の異状もないのに胃の調子が悪いのを「神経性胃炎」というのだが、ぼくはその原因を知りたかったわけで・・・。
 ストレス、というが、別に去年と何かストレスになるようなことがふえたかと言われても、心当たりはないし。。。
 11月になってから調子が悪い、ということからすると、急に冷え込んだのがよくないのか・・・。
 まあ、ここのところ、寒さに慣れてきたせいか、それほど調子は悪くなくなってきてる。
 
 でも、ショックだったのは、胃袋ではない。
 血圧。
 上が136くらい(はっきり覚えていない)、下が、96!(こっちはしっかり覚えている!)
 で、胃カメラの前にも血圧を測るのだが、その時は、上が120代、下が90!
 何ではっきり覚えているかというと、胃カメラの時看護師さんが使っていた血圧計のケースに、ある図が書いてあった。
 縦軸に最低血圧、横軸に最高血圧、そして、色分けがしてある、つまり、どこからどこまでが高血圧か、っていう、あの図。
 そして、90は(90でもというべきか)、なんと! 高血圧・・・・
 ああ、グレード1高血圧・軽症・・・
 たしかに、内科検診で「この結果だけで高血圧とはいえないけど」先生は言うが・・・
 僕がショックだったのは、、、
 
 去年の血圧は、上114 下75 という、至適血圧
 
 だった、それが、一年足らずで、いつのまにか、高血圧に・・・
 なんで?
 去年とほとんどなにもかわったことはないのに?
 変わったと言えば、ピロリがいなくなったことくらい。
 そもそも、高血圧は二種類あって、何か病気が原因の二次性高血圧と本態性高血圧がある。
 二次性はともかく、そもそも、本態性高血圧というのは原因不明。
 まあ、たしかに、本態性の方も生活習慣病と言うことになっているが、その点で言うと、去年と変わったところなんて心当たりがない。食事も変わっていないし、ストレスといっても去年以上の何かは思い当たらないし、飲酒はほとんどしなくなっているし、タバコも吸わない、太っていないし、睡眠だって去年と変わっているとも思えない。
 ナノニなぜ?
 となると、二次性、ってことか?
 で、ネットで調べてみたが、あてはまりそうもなく(とはいってもわからないが)。
 とにかく、今のところ、なぜ、去年は至適血圧だったのが、今年になって、いきなり、高血圧に突入してしまったのか・・・。
 こういう原因がわからない、っていうのは、ほんと、気にくわない。
 萎縮性胃炎←ピロリのせい たとえ萎縮性胃炎がそうとう具合悪くてもはっきり原因がわかっているのは、すっきりするし、納得いくし、受け入れられる。
 が、原因不明、しかも、僕の場合、去年とほとんど何も変わっていないのに、、、というのは、なんか、納得いかん!(といってみたところで、高血圧っぽいことにはかわりないが・・・)
 
 とりあえず、健康診断での血圧の変遷(笑
 2010 上115   下78  拍71
 2011   121    75    72
 2012   128    84    70
 2013   114    75    66
 2014   136くらい 96   覚えてない
 
 なんか、ちょうど20くらいどっちも上がってる。というのは、拡張期の血圧が上がったので、収縮期もあがったってことなのか?
 つまり、血管が硬くなったとか、なんかわからないが、連動してる感じ。
 
 で、ちょっと、血圧計を買って、ちょくちょく計りはじめたり^^
 時間を決めて、ということだが、それはせずに、とりあえず、計りたいとき計ってみようかな、と。
 そうすると、今のところ、なんとなく、下は、90前後を行ったり来たりしてるようだ
 でも、やっぱり、高い・・・
 
 なんか、これが、ストレス・・
  
2014_06
14
(Sat)20:44
 前の記事、「上生三品 末富」のお皿。
 おなじく、6/7に、たまたま京都大丸で見つけて二枚購入。
 クリスタル、ハンドカットで、分厚く、重厚。
 で、最初見たときは悪くないと思ったが、家に持って帰ってみると・・・どうかな・・・って。
   
 
 ル・プティ・スエトミ  最中 こしあん  末富
 
 
 徳用松風   亀屋陸奥
 
 
 焼きあづき  亀屋良長 と  宇和ゴールドピール  自家製
 
 
 鴨川鮎   俵屋吉富
 
 
 若鮎  大極殿
 
 
 若鮎  大極殿   トレイヴァージョン(笑
 
 涼しげで、悪くなさそう^^
 
 
2014_02
27
(Thu)02:11
 先月、おこなった第一次ピロリ討伐。
 2/20に検査して、25に結果を聞きに行った。
 うーん、微妙。。。
 
 検査は、尿素呼気検査。
 これは、ピロリ菌がウレアーゼ活性があることを利用した検査。
 ピロリ菌が尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する。その二酸化炭素が取り込まれて呼気で排泄されるので、その濃度を測るというわけ。
 基準値は、2.5パーミル未満。(パーミルは、1000分の1)。
 結果は、2.6パーミル。
 微妙。。。
 
 で、ネットで検索してみたら、この尿素呼気検査の精度について、面白いのが見つかった。
 
  日本内科学会生涯教育講演会 9.ヘリコバクター感染症診療の実際
 
 で、このなかの「2.診断法の進歩 5)13C―尿素呼気試験(UBT)」ってところ。
 
 「我々の検討では9),除菌判定時に13C-UBTが2.5‰以上5.0‰未満の症例を11.8%(10/85)に認め,その後2 例は除菌不成功例,8 例は除菌成功例であり,偽陽性率は9.4%(8/85)であった.
 
  つまり、除菌85例中、2.5~5.0パーミル未満が、10例あり、その10例中、2例が不成功、8例が成功だった、と。
 
 なぜ、2.5~5.0パーミル未満かというと、
 
 「そこで2.5‰以上5.0‰未満を判定保留域と設定した場合,感度,特異度,一致率は100%,98.4%,98.7% であり,診断精度の上昇が得られた.
 
 つまり、この2.5~5.0パーミル未満という範囲は、精度が落ちる範囲ってこと。
 偽陽性、偽陰性の確率が高くなる。
 要するに、ビミョ~な範囲。
 
 だから、だんなんの2.6パーミルというのは、偽陽性である確率も高い。
 というか、もしかしたら、除菌成功、である可能性もかなりたかいかも。
 
 だって、お腹の感じも、討伐前とはぜんぜん違う。
 ほんと、すっきり、だもんな。
 
 討伐後、逆流性食道炎みたいな症状が、1,2日あったし。
 今まで、ピロリが胃酸を中和して薄めていたのが、正常になるので、一時的に胃酸が濃くなっておこる。


 でも、病院で検査結果を聞いたときは、この講習会のレポートなんか知らないし、医者の方からもそんな説明もなかったから、どうしようか迷ったけど、結局、第二次討伐隊を派遣することにしたw
 今日(というか、2/26)から、さっそく、討伐開始!w
 
 討伐隊
  フラジール大佐(内服錠 250㎎) 敵ピロリ本体を殲滅
  アモキシシリンカプセル大佐(250㎎) 敵ピロリの援軍を阻止(増殖を防ぐ)
  ランソプラゾール大佐(OD錠 30㎎) 敵ピロリの補給を絶つ(胃酸の分泌を抑える)
 作戦成功を祈る!w
 
2014_01
24
(Fri)23:55
 以前から、健康診断で「萎縮性胃炎」があるので、一度、ピロリ菌検査をしてみたら? といわれていて、去年の健康診断でしてみた。
 ら、やっぱり、ピロリ菌が住んでいることがわかった。
 で、1/6に医者へ行き、薬をもらってきた。
 
 薬は、
    サワシリンカプセル250 殺菌
    クラリスロマイシン錠   殺菌
    ネキシウムカプセル    胃酸の分泌を抑える
 
 と、この三種類。朝と晩、食後に。一週間。
 副作用に下痢などがあることも。
 1/12の初釜でせっかくのご馳走が出るのに下痢だったら面白くないな、ということで、服用は1/14から始めた。
 一回目、薬を飲むとなんか気分が悪くなってきた。そして、胃袋は妙に空っぽな感じがするのに、お腹には膨満感がある。
 これからずっとこんな調子だとかなわないなぁ、と思っていたら、二日目から、膨満感はなくなった。
 そして、お腹に風穴が空いたようにすっきり!w
 スー、スーするw
 軽くなった。
 今まで、なんとなく胃が重かったり、だるかったりしたのは、みんなピロリのせいだった?
 しかも、便の量も多い。
 便は、食べたもののかすもあるが、大半は腸内細菌などの死骸だというのを聞いたことがある。
 たしかに、食べてるものの量はいつもと変わりないのに便の量が増えたのは、だんなんの腹なのかで腸内細菌の大量虐殺がおこなわれているからなのだろう・・・ナムアミダンブ~
 そして、一週間。
 胃袋すっきり、かろやか、はつづく。
 ところが、21日くらいから、じんましんが…。
 服用を終えてからでも、薬の副作用?
 服用中は何ともなかったのに。
 ネットで調べてみたら、そういうのも5%未満の副作用としてあるらしい。
 まあ、それほどかゆいわけでもないし、たいしたことなさそう。
 
 人の胃は、ピロリ菌がいることを前提に、酸の制御機構を進化させてきた、という説もあるそうだけど、果たしてどうなんだろう?
 つまり、ピロリ菌との共生、ってわけだけど…
 今のところ、すごく胃はすっきり、爽快、軽やか。
»