2016_09
26
(Mon)21:37

なんとなく涼しくなってきたので、鬼霰の鉄瓶から小釜に。

9/22から。

いきなり涼しくなったので、ちょっと風邪を引いて、冬モードにチューニングしていた(笑

涼しくなった・・・といいつつ、昨夜は、部屋の気温26度。

26度って、「熱帯夜」やんか!

って、夜の気温、30度以上を経験した今となっては、25度で「熱帯夜」って、リアリティがないなあ・・・。

夜寝る前に血圧を測っていて、そのとき、ついでに、部屋の気温と湿度も記録している(たぶん、血圧にとってはあんまの意味がないと思うけど)。

今の気温は、去年の8月下旬とおなじ。

だいぶ温暖化が進んでいるような。

先日、「メガ・クライシス」というNHKのドキュメンタリーで温暖化がとりあげられていたが・・・そうなんですかぁ、って感じで。

番組をつくっている「都市の人」にとって、「温暖化」で切実な問題と言えば、ゲリラ豪雨と落雷でしかない、って番組だった。

ちょうど、台風10号が東北、北海道を襲い、ジャガイモ、人参、玉葱などがヤバイってやってたときなのに・・・鈍いのね、都会の人って^^

すでに、カリフォルニアなどでは、グレープ・フルーツ、全滅。とかね・・・。

もちろん、北海道、今年だけで済めばいいけど・・・。

はたしてどうかな?

大規模化と効率化、低コスト化等々で、農作物は、品種も単一化して、産地も一大産地に集中という傾向があるし、そんなふうに成り立っているのが今の食糧事情。

(ここ一年ばかり、バナナが少なくなっているのに気づいている人いるかな? これは、品種の単一化でやばくなってる)

温暖化でこういう農作物の産地が毎年被災するようになったらどうなるのか。

こわいね。

やっぱり、人類、あと100年持たない説、を唱えたくなる(笑

 

ま、でも、今は、お茶^^

 

宮津のお土産、白藤さんの「松葉」がそろそろなくなりそうなので、自家製ケーキ復活^^

シフォンケーキから。

でも、いつも、プレーンばっかりじゃ芸がないので、ココアでも入れてみよかなあ、と・・・。

いつものレシピに、10グラム入れてみた。

ところが、ココアとは関係なく、粉がダマになってしまった。粟粒ほどのダマがいっぱい。なぜだろう?

前回ののこりだったので、湿っていた?

 

湿っていた、といえば、塩芳軒さんの和三盆糖の「さざれ石」が一箱、パーになってしまった・・・。

カビていた。

和三盆糖なんてカビることない、と思っていたら、実は、逆で、カビやすいのだそうだ。

不覚・・・(泣

 

で、できあがった、チョコシフォンケーキ^^ 

 

P9250056 (448x336)


何か、変な感じ・・・。

上面(焼くときは底)に白いところがもらもらと。

そう、底にダマがたまっていて、こんなふうになってしまった。

切ってみると・・・

 

P9250061 (448x336)

 

まあまあ?(画像はピンボケ・・・)

ダマのせいか、あまり膨らまなかった。

 

しっとり、ふわっとで、ココアの味もしっかり。

ただ、このあと、抹茶を飲むとなると・・・。

チョコシフォンと抹茶のポリフェノールが重合して、ちょっと、口の中がきしっとしたり、ざらつくような感じが。(もちろん、ほんとに、重合してません)

いいような、わるいような・・・。

 

P9240050 (336x448)

 

釜は、あの絵心のない浜松地紋の真形小釜。

22日は、雨も降っていて、雨の音と釜の鳴りが響きあったならいいけど、その逆。釜の鳴りが消されてしまった。

また、鳴りが変わったような気もする。

低かったのがすこし高くなり、キューとかも。

あいかわらず、錆も止まっていない・・・。

関連記事
スポンサーサイト
2016_09
24
(Sat)23:28

このブログで「いつもの宿」、「いつもの宿」と、おなじみの、丹後宮津の某「いつもの宿」。

「いつもの宿」といっても、はじめから「いつもの宿」ではなかったわけで。

 

初めて、この宿を訪れたのは、2000年9月。

それまでは、旅行と言えば、沖縄へシュノーケリングにって感じで。

ただ、1998年の珊瑚礁の白化で、「いつも」いっていた沖縄の海がまとも影響を受けてしまって。

ダイビングとちがって、浅瀬でたのしむシュノーケリング。

なので、白化の影響は致命的だった。

 

それで、さて、どこかいいところはないかな、と。

そもそも、観光地を巡るとかいうのがあんまり好きでもなかったので、宿でゆっくりしようかな、と。

(沖縄のシュノーケリングも、ポイントまでホテルから数分の所だった^^)

では、ゆっくりできる宿、ってなにか、というと、ひとつは、宿の建物自体に鑑賞価値がある、というか、宿自体が楽しめる、こと。

とはいえ、もちろん、建物がいくらよくても、宿としてのサーヴィスや料理などがよくなければ話にならない。

ということで、奥さんが、本を買ってきたのが、この二冊。 

 

P9240055 (448x336)

 

「和風旅館建築の美」と「泊まって採点 満足度90点以上の宿161」。

とちらもたまたまJTBの本やったけど・・・^^;

 

「和風」には、日本全国の77の和風木造建築の旅館が紹介されていて、そのなかでもとくに33の宿は写真入り。

「泊まって」は、JTBが行った宿泊アンケート「27万1110通」の「集計結果が90点以上と評価された161軒の宿」を紹介した本。

(もちろん、どちらも、2000年9月当時の本なので、現在の内容はどうなっているかわかりませんが)。

 

「和風」の方だと、「いつもの宿」のほかにどんな所が載っているかというと、

 

 晴鴨楼(京都) 「いつもの宿」(宮津) あさば(修善寺) 龍言(新潟・六日町) 向瀧(福島・東山) 旅館 花屋(長野・別所) 洋々閣(写真無し)(佐賀・唐津) などなど。

 

 「161」の方は、なんかめんどくさいので省略(笑

 

 ようするに、このそれぞれでいいなと思った宿をマッチングしたわけだけど・・・。

 

 実は、さっき「和風」で挙げた7つの宿は、「和風」のなかでぼくか奥さんがいいなと思った宿。

「泊まって161」では、21軒の宿がいいな、と。

 

そして、なんと、両方で「いいな」が付いた宿が、3軒あった。

 

 あさば

 洋々閣

 

そして、「いつもの宿」。

 

 あさばは静岡。洋々閣は佐賀。とおいよなぁ(笑

(近場が好き^^)

 

 ちなみに、

「和風」の方ではこんなふうに紹介されている。

  丹後宮津に残る上品な京風の宿(本文省略)

「161」の方では、

  メンテナンスとホスピタリティの優秀さが光る(本文省略)

 

写真は、「和風」の方には、玄関の外、玄関内、中庭まわりの紅殻の渡り廊下、一階トイレの中からの手水、蓬莱、江口(今は「海女」のベッドルームになっている)、難波など。

この写真で、とくに玄関が気に入った。

 

(実際、なんど泊まりに行っても、ほんとに、ほっとする玄関。

外見は、ほんと、瀟洒な民家。

宿に泊まりに行っていると言うより、なんとなく、知りあいの家に泊まりに行っているって感じで。)

 

料金も手ごろ。

(関西人なので、高くていいのはあたりまえ、という感覚からすると、一泊4,5万もするならよくてあたりまえ、なので、泊まる気がなくなる^^;)

 

で、「いつもの宿」に泊まりに行ってみることに。

近畿日本ツーリストで申し込む。

部屋も選べて、一泊目 海女(一人1万5600円) 二泊目 翁(一人2万) 三泊目 難波(一人2万)。

 

初めて泊まったとき、今でも印象深く覚えているのが、料理のこと。

宿の建物や庭、接客などは気に入ったのに、一泊目の、料理の味がからい・・・というので、ちょっと、がっかり(奥さんが言うには、泣きそうなくらい、だそうだ)。

奥さんはなんてこと無い、というのだけど。

で、どうしようか奥さんと話した末、チェックインの時のお部屋係さんの「なにかお気づきのことがあったら遠慮無くお気軽に教えてくださいね」という言葉をあてにして、すこし塩を控えめにして欲しい、ということを宿に伝えてみた。

そしたら、翌日から、薄めに。

このことが、かなりうれしかった。

さらに、2日目には野菜を多めにしてほしい、というと、3日目の夜、なんとなく野菜が多めに(とはいえ、どっさりとふやすのはむつかしいわけで・・・)。

これも、うれしかった。

帰宅した二日後に、宿から葉書が来た。

「このたびは誠にありがとうございました。また、貴重なご意見を具体的にいろいろと教示いただき心より御礼申し上げます。云々」。

 

そういうわけで、「いつもの宿」に。

料理の味については、その後はいつもこちらの好みにしてくれているようだし、好物も伝えてあるので、出してくれているみたいだし。

アンケートも毎回、いろいろなことを書いたけど、いやな顔をされたことは一度もない。

 

きりがないので、このくらいで・・・(笑

 

関連記事
2016_09
23
(Fri)02:01

いつもの宿のおすすめは・・・と言うことで、各部屋、印象などをざっくり。

画像は、宿のHPをみてね^^

 

特別室 蓬莱 

この部屋、実は泊まったことがないです。

HPを見ると、「2人~」となっていますが、以前は最低宿泊人数が3人からでした。

それで、ずっと3人からと思いこんでいたのが、今年、優待葉書をなに気にみていて、「あれ?」と。

(しかも、旅行から帰ってから)

で、HPの方はどうかと今たしかめてみて、「2人~」と確認した次第です。

一度は泊まってみたいと思っている部屋です。

とはいえ、いくら二人からOKとはいえ、二人で泊まるにはちょっと広すぎるかな、とも。

両側に庭があるのも贅沢で良いのですが、同時に両方を見ることができない、という難点も。

泊まったことがないので、すべて、想像の域を超えませんが^^;

 

悠の間 松風

HPの画像を見る限りそんな感じはないのですが、個人的には、なにかちょっと暗い、重い感じのする部屋だったかな、と。

泊まった当時はそんなに気に入ったわけでもなく、あまり印象に残っていないのです。

あくまでもこれは、だんなん個人の感想です。

この部屋がお気に入りという人がいれば、ぜひ、その方に感想を聞いてみてくださいね。

 

悠の間 加茂

松風にくらべると、すっきりとした明るい印象を持ちました。

ただ、当時は、やはり、好みではなかったようで、あまり印象に残っていません。

 

悠の間 井筒

屏風絵にちょっと圧迫があり、重苦しい印象が。

壁がみどり色というところも。

やはり、ちょっと好みではなかったようで。

 

悠の間 花月

一階の、庭に面した部屋です。

たぶん、いちばんたくさん泊まっている部屋です(思い違いがなければ)。

だんなんのいちばんのお気に入りの部屋。

広いのと、副室に茶室があるのと、なによりも、庭があること。

ただ、部屋の造作は他の「悠の間」にくらべるとすこし物足りなさも。

とはいえ、やっぱり、庭。

たいてい連泊するのですが、二泊目以降はこの部屋にしています。

一泊目は、狭めの部屋で、どちらかというと籠もるのにいいような部屋にして、二泊目で庭のある広めのこの部屋、という感じ。

ただ、庭といっても囲まれているので、広々と開けた感じはありません。ほどよく囲まれている感じで。

もし、開けた感じをたのしみたいなら、海側の部屋がおすすめです。

連泊の二泊目だと、朝ご飯が済んでしばらくすると、この部屋に移動できます。

(朝食の時間にもよりますが、10時頃)

で、この部屋でぼーーっと庭を眺めて・・・。

東向きの部屋なので午前中は太陽の動きに従って木蔭が移動していき、また、風が渡っていったり。

ときおり、磯ヒヨドリのさえずりが聞こえてきたり、虫の音が聞こえたり。

と、そうこうしているうちにまた眠くなって寝てしまったり・・・。

と、こんな時間の使い方をしたいなら、この部屋はおすすめです。

午後は建物の蔭になって、落ち着いた庭が鑑賞できます。

副室の茶室でお茶も(今年はしなかったけど)。

茶室は籠もれていい感じ^^

ただ、お茶道具などは一切ありませんので、茶箱くらいは持っていってくださいね。

(頼めば用意してくれるかも知れませんが)

夕食を部屋でとると、ぼんやり、庭の照明で庭のところどころがみえるような、見えないような。

網戸で、風をいれて夕食をとるのも、まあ、なんとなく、ほっこりして。

ただ、配膳室や自室にちかいせいもあって、ときおり、もの音や声などが聞こえることも。

とにかく、庭の部屋を楽しみたい、満喫したいならこの部屋です。

庭が楽しめる、という意味では、コスパもいいかな(コスパなんて、世知辛い、無粋で、けちくさいこといって申し訳ないです・・・)

 

懐の間 難波

すっきりした、明るい、気持ちも軽くなるような部屋。

部屋全体のそんな印象もさることながら、この部屋が気に入っているのは、HPの画像でもおわかりかと思いますが、この風変わりな床の間。

「袋床」とも言うらしいですが、この床を見ていると、飽きなくて・・・^^;

この床に、備前の大甕なんかをつかって、桜をざっくりと生けてみたい、なんて、空想してるとたのしくて。

 

懐の間  

奥さんのお気に入り。

ぼくも結構好きな部屋。

以前は、壁が緑色。

難波も以前は緑色だったが、泊まったことはなくて、翁は泊まったことがある。

今の色だと、明るく、軽やかな印象だが、緑のころも、しっとり落ち着いてよかった。

緑色だと重い感じがする、ということで、今の色に塗りなおしたそうだ。

書院の障子と広縁と客室を仕切る障子がとても美しい。

障子の桟の寸法が、とてもここちよくて。

朝、カーテンを閉めずにおいて、日が差し込んでくると、障子の桟が黒く浮き上がるのが、とても美しい。

こういう美しい寸法の障子って・・・て、ぼーっと眺めていたり・・・。

ただ、真下が風呂なので、風呂が終わるまでは(午後11時かな)、ボイラーの音が気になる人は気になるかも。

レトロな洗面台もお気に入り^^

 

懐の間 羽衣 

ちょっと暗い印象を受けた部屋。

でも、奥庭に面していて、ことに、窓を縦断する松が、おもしろい。

羽衣の松。

で、その松を見ながら・・・

 

 羽衣の松をみながら、ゆる茶

 

部屋の名前、たぶん、能からとってあるのだろうと思うけど、この部屋が「羽衣」なのは、案外、名前をつけた人もおなじことを思ってたりして^^

 

 懐の間 

今年泊まった部屋。

今回の記事にも書いたけど、結構気に入った。

明るい印象。

下が風呂だが、翁ほどボイラーの音などはしなかったような。それよりも、水の音のようなものがして、川辺の部屋のようで楽しかった。

そのほかは、今年の記事をどうぞ。

 

海女

いまでこそ7畳のベッドルームがついているが、以前は6畳の客室だけだった。

ベッドルーム付になってからは泊まっていない。

客室だけだったころは、こぢんまりとした、籠もるのに良い部屋という印象。

小さな部屋ながら、天井など、部屋の造作は凝りに凝っていて、凝縮感がある。それを、面白いと感じるか、息苦しいと感じるか、それとも、なんとも感じないか。

海側ではないので、眺めは・・・。

また、隣がテニスコートなので、テニスをしているとボールの音なども聞こえてきたり。暗くなってもしていることはほとんどないので、気になるほどのことはないです。

 

老松

せまいけど、それ故に落ち着く部屋^^

結構好き。

今年は、実は、一泊目を老松、二泊目を花月にしようと思っていたけど、宿の人に勧められて、砧へ。

一日目、老松の狭めの部屋で籠もった感じを楽しみ、二日目花月で庭を楽しもうと。

 

付け足し

養老

HPには載っていないし、いまでは、「従業員専用」で、客室としては使われてない部屋。

老松より狭い。

が、実は、だんなんの、超がつくお気に入り。

床の造作(蝙蝠のすかし窓など)、天井、などなど、狭いがなにかと凝っている。

かといって、海女ほど重厚感もなく、軽やかで明るい印象。

行くたびに、「養老はとまれませんか?」と冗談交じりに聞いてみるが、やっぱり、笑顔で「申し訳ありません・・」と。

養老、泊まりたいのに・・・。

 

 養老の様子

 

という感じで、ざっくりと。

すこしは手助けになったでしょうか?

といっても、これは、あくまでもぼくの感想です。

人それぞれ、旅の目的も楽しみ方もちがうので、なんどか訪れてみて、自分にあった部屋を見つけるのも、この宿に泊まる楽しみかと^^

 

そのほか、「ブログ内検索」で、過去の記事を見ていただければ、もうすこしくわしくいろいろなことがわかるかも知れません。

なんせ、思い違いもけっこうあったりするかも・・・ですので(笑

今日ブログ、「上生的幻想」のほうも、どうぞ(でも、こっちは、ブログ内検索がないかも)。

  

あ、あと、客室以外にも、宿自体がとても見どころの多い、楽しめるものなので、ぜひ、お宿内散策も、どうぞ^^

とくに、中庭まわり、玄関、など。

うちはもっぱら観光地などにも行かず、ずっと宿にいて、宿内をうろついたりしてるのですが、そういうのを「旅館リゾート」などといって楽しんでいます^^

関連記事
2016_09
20
(Tue)23:17

9/8の夕餉。

旬の味覚懐石おしながき。

P9080582 (448x336)


食前酢 と 先付 と 前菜

P9080579 (448x336)


右が、食前酢の 蜂蜜入り紅芋酢。

左奥が、先付 青ばさみ

P9080580 (448x336)

ワタリガニの身を、蟹味噌いりの白味噌で。

三つ葉。

ワタリガニの身は、味噌なしでも濃厚な風味。

 

虫籠が、前菜。 

P9080581 (512x384)  

奥から、

もずく(きゅうりとみょうが添え。すごくほそいもずく)

鯛せんべい

ぎんなん

サーモンの寿司

くりきんとん(真ん中の緑色と黄色の茶巾絞り)

子持ち鮎

里芋(茶巾絞りの前の丸いの)

芋羊羹(もみじの葉)

 

椀盛

P9080585 (448x336)

 

P9080586 (512x384)

土瓶蒸し。

松茸、鯛、海老、三つ葉。

今年は、鱧が不漁だったようだ。

京都のいつものかまぼこ屋さんで、夏になると「鱧皮」というのをだしているのに、今年は扱ってなかった。理由を聞いてみると、「いい鱧がはいらなくて」とのこと。

いつもなら、この土瓶蒸しにも、鱧が入っているのに・・・。

残念。

鱧がないせいか、松茸が、いつもよりおおきくて多いような感じも。

 

ダシは、いつもより、ちょっと豊満なかんじ。

脂ののった鯛のせい?

 

向付

P9080587 (512x384)

造り四種

とりがい

ほたて

かんぱち

たい

 

鳥貝は、8月で終わっているが、のこっている分で。

あまくて、やわらかく、ふかふかで美味しかった。

 

お凌

P9080589 (448x336)

 

P9080590 (448x336)

栗おこわ

 

おこわと言えば、なんか、かたいっていうイメージがあるけど、これは、ぷりぷり。

塩味も薄めで、とても美味しかった。

 

合肴

P9080591 (448x336)

きのこ鍋。

松茸、しめじ、まいたけ、えのき、鶏、水菜。

「匂い松茸、味しめじ」などというが、今年の松茸の味は濃かった。

最後にのこっただし汁が美味しかった。

基本は土瓶蒸しとおなじなのだろうが、きのこの出しが出て、鯛の脂っこさもなく、すっとしたかんじ。

 

ここで、「おしながき」の順番通りなら、焚合 のところを、焼物がでてきた。

しかも、「おしながき」のかますではなく・・・

P9080592 (448x336)

甘鯛。

 

サプライズ的な登場^^ 

甘鯛、大好物なので、一気にテンションが上がった(笑

(レモン、国産レモン。やさしい酸味のあとにほのかな甘みも。甘鯛にかけたあと、美味しかったので、水にも搾って)

 

一夜干しをシンプルに焼いただけ。

でも、甘鯛はこれがいちばん美味しい^^

 

しかも、甘鯛を引き立てるために、炊合を後回しにして、お凌、合肴と、目先を変えてくれていた。

 

でも、やはり温暖化の影響の天候不順などのせいか、ややこぶり。

食べた後の写真、撮っておけばよかった。

料理長にも褒められるような食べ方をした^^

残っているのは、骨と一部焼き足りない鱗だけ・・・。

(甘鯛食べるときはいつものことなんやけどね・・・)

 

P9080593 (448x336)

ちなみに、こっちは、奥さんの。

 

焚袷

P9080594 (448x336)

(左上に置いてあるのは、甘鯛のレモン・・・笑)

ポン酢で(海のものによくあうきりっとした醤油のポン酢) 

P9080595 (448x336)

鯛の骨蒸し。

鯛のあら、豆腐、椎茸、小松菜。

これはけっこう、きた・・・。

いきなり、お腹にどーーんと。

かなり脂っこかった。

 

酢物

P9080598 (448x336)

「おしながき」には、「鮪のたたき」とあるところを、これも、サプライズで、

いさきの酢物。

きゅうり、みょうが、紅葉おろし、ネギ。

 

酢の物といっても、酸っぱくない。

いさきの身は、まるでチーズというか、豆腐窯というか、ねっとり、うまみもまったり。

聞いてみると、一晩、昆布〆したものだということ。

とても印象的だった。

 

ごはん 丹後こしひかり(ふっくら、ほどよくもっちり。丹後の大地の風味。普段食べている近江産のコシヒカリは、琵琶湖の澄んだ水の風味がする)

留碗 赤だし

 

水物

P9080599 (448x336)

桃ゼリー

シャインマスカット

 

ぜんざい(白玉いり)

 

で、ご馳走様、と。

なによりも、甘鯛がよかった。

シンプルな甘鯛を持ってくるために、お凌と合肴で目先を変えておいて・・・。

シンプルな甘鯛をいかに美味しく食べてもらい、印象的にするか、というとりあわせ。

同じように、いさきの酢の物も。

ちょっとくどい骨蒸しのあとで、より美味しく、印象的で、心に残るものに。

料理長さんに拍手^^

関連記事
2016_09
19
(Mon)00:14

涼しろ すずしろ  道明寺羹  亀末廣

 

P9180005 (448x336)


昨日買ってきた 涼しろ。

道明寺羹なのでちょっと季節外れかと思いつつ、食べてみた。

 

P9180009 (448x336)


例によって、「耳」というか、端の部分。

寒天がすこし浮き上がって分離している。

画像では、レモン色に見えるけど、実物は草色、というか、黄緑色というか。

寒天の部分だけ食べてみると、なんとなく、甘みは和三盆かな、と。


P9180014 (448x336)


これも、実物は、黄緑色。

実物に近い画像が撮れたら、差し替えるか、追加する予定。

それにしても、京菓子は微妙な色合いのものがおおく、デジカメだとなかなかうまく写ってくれない。

デジカメは、たいてい、くっきり、はっきりした色合いが好きで、ピントもそういう色にあいがち。

接写でとろうとしても、菓子以外のほかのところにピントが合ってしまったり。

液晶にタッチしてピントを合わせても、うまく写らなかったり。


おなじ道明寺羹でも、先日の「水の宿」のようなものなら、しっかり撮れるのに。


この、涼しろ。

よくよくみると、寒天のなかに、ふわふわと道明寺の粒が浮いている。

寒天に色がついていて、道明寺の粒はかすかに白いか透明。

それが、みぞれのように見える。

 

口にふくむと、ゆるめの琥珀と道明寺が、ふわん、ぷるん、つるん。

道明寺の、ひとつぶひとつぶは、ふわりとしている。なんというか・・・甘酒の米麹の粒のようとでもいうか。もやっ、として、ふわふわ。

とても繊細につくられている。

そして、全体で、みぞれのような口あたり。

 

「すずしろ」と言えば大根のことでもあるが、大根おろしの「みぞれ」のイメージともなにか関係があって、この銘なのか、とも。

 

真夏の盛りに食べてたら、もっと感動したに違いない。

今年はちょっと残念なことをした。

今食べても、感動的ではあるけど・・・。

 

道明寺羹、と聞いて、いわゆる道明寺羹をイメージしていたので・・・。

(繊細さに欠けるし、あまり良い例とは言えないが、「水の宿」とか。)

そういう、いわゆる道明寺羹のイメージを見事に覆してくれた。

こういう道明寺羹もあるのか、と。

また、道明寺羹に限らず、道明寺をつかった餅などもふくめて、道明寺というのはここまで表現できるものなのか、とも。

 

9/19追加

P9190025 (448x336)

 

昨日、寒天の部分が染まっていると書いたけど、実はその逆で、道明寺が染めてある、というのがよくわかる画像。

色は相変わらず、近くないけど・・・。

実物は冬瓜みたいな色。

そして、この道明寺にしゃり感がある。

 

関連記事
2016_09
17
(Sat)23:22

9/8から二泊三日で旅行に行って、お土産に宮津の白藤さんのお菓子を買ってきたので、ここ一週間ばかり亀末さんのお菓子が食べられなかった。

ちょっと、禁断症状気味(笑)で、もう、ついに我慢できなくなって、風邪気味なのに京都へ。

 

亀末さん → 瑞雲堂 → 大丸 → イオンモール(八条口) → JR伊勢丹 → 帰宅。

 

瑞雲堂で抹茶 小山園  三友の白(いつもの 吉祥 よりちょっといい薄茶^^)

JR伊勢丹  いつもの 上林さんの 好みの白

 

亀末さんでは、餡系の羊羹などがあればと思ったが、まだでていなかったので、「涼しろ」という道明寺羹と、上生をふたつ。

上生は、三品しかなかった。

買わなかった一品は、きんとん。意匠は、たぶん、萩。

    

帰ってから、ゆる茶。

今日は上生だけ。

前に食べたことあると思うけど・・・。

 

嵯峨野  外郎製  亀末廣

P9170664 (448x336)


例によって亀末さんは銘をつけていないので、こちらで。

「嵯峨野」というのは、ちょっと、パクリ(笑

鶴屋吉信さんの黄身時雨で同様の意匠のがあり、その銘が確か「嵯峨野」だったような・・・^^;

 

外郎は、秋っぽく、柔らかめではない。

種は白小豆餡(漉し餡)。

いつものように甘みは極控えめ。

ひさしぶりに亀末さんのを食べて、ほっこり。

 

芋名月 こなし製  亀末廣

P9170666 (448x336)

 

見たままの・・・^^;

種は、黒漉し餡。

こなしと餡で、ちょっと不思議なフルーティな風味。

こちらも、ほっこり。

 

嵯峨野を奥さんと半分ずつ(で、いちまにも^^)。

そのあと、お茶。

芋名月のあとで、さらに一服。

 

P9170669 (448x336)

 

お茶は、竹泉の曳舟絵の染付。

今ごろは、湯を熱すぎず、ぬるすぎずで。

茶碗がほんのり温まる。

石物なので冬、湯を熱く沸かすころだと茶碗がちんちんになり、真夏だとぬるくて茶碗が温まらない。

この茶碗は、ほんのり温まると、ふっくらとやわらかい手触りになる。

普通石物の茶碗は手にも硬いが、石物とは思えない、このふっくらふわりとやわらかい手取りが、竹泉さんの石物の持ち味だと思うので、そんなふうに楽しめるのが今と、春かと。

 

その後、宮津の白藤さんの松葉。

P9170667 (448x336)

 

松葉といいつつ、輪になっているのは、天橋立の知恩寺の知恵の輪灯籠に因んでいるとか。

かりっとしていて、ほんのり芥子の芳ばしさ。 

 

P9170670 (448x336)

 

ぼくといちまは、さらに二服^^

 

P9170671 (448x336)

 

おしまい^^ 

 

関連記事
2016_09
16
(Fri)20:20

宿を動画で。

 

宿に着きました~(いや、ほんとは、チェックインして部屋へ行ってから、さっくり撮ったんだけどね・・・)

[広告] VPS

で。ほんとは、このままなかに入って・・・とつづいていたけど、ここでカット^^

  

中庭まわり 

花月のまえあたりから南の渡り廊下、玄関、北の渡り廊下・・・

[広告] VPS

 

中庭 北の渡り廊下から

庭はもちろん、庭を囲む建物、とくに窓の配置がリズミカルでとてもお気に入り。

[広告] VPS


去年は乾きすぎて苔が枯れてしまったところがあったが、今年は、笹もよく茂っていた。

がんばって世話しはったんやろうな・・・。

 

2泊目の花月から庭を

[広告] VPS
 

織部灯籠のまえの手水に蟹がいたり・・・。

 

ちょっと試しに撮ってみたら面白かったのでいろいろ撮ったけど、今にして思えば、もうすこし時間をかけてじっくり撮ればよかったかな・・・。

 

玄関、中庭まわり、中庭、花月の庭、そのほか、画像は昨年以前の記事に載せてあるので、見たい方はどうぞ^^

 

さて、一泊目は、「砧」。

もともとは「老松」を予約したけど、「砧」どうですかと勧められて、見てみるとよかったので移ることにした。

いちおう「蓬莱」以外は、どの部屋にも泊まったことがあるが、「砧」はあまり印象に残っていなかった。

今回泊まってみて、とても気に入った。

天橋立も見えるし、「蓬莱」の庭も上から見える。

 

P9080568 (448x336)

「蓬莱」の庭。

 

P9080569 (448x336)

「砧」からの眺め。

バックネットがなかったらいいのに。サッカーグランドにしてくれるといいのに(笑

以前は、ここは砂浜だったとか。

 

天橋立と宮津湾

[広告] VPS

      つづく


関連記事
2016_09
14
(Wed)21:36

丹後由良あたりから栗田(くんだ)の海岸。

臨場感をと、トンルネもそのままで^^

[広告] VPS


実は、9/10、帰りがとても良い天気で。

でも、ちょっとしか撮らなかった。

 

冠島と沓島(帰り9/10)

[広告] VPS


由良川河口(帰り9/10)

[広告] VPS


宮津に着いたのが昼過ぎ。

お腹が減ったので、駅前の食堂に。

奥さんがネットで調べてくれたところ、美味しいと評判のお店。

いままで十何年宮津に来たけど、初めて入る。

 

P9080551 (448x336)

 

店の中はこんな雰囲気・・・

P9080552 (448x336)

古い民家という感じの、なかなか良さそうな天井(笑

 

P9080553 (448x336)

囲炉裏で見かける、なんて言うのか知らないけど、とにかく、勢いよく泳いでいる感じがいい^^

 

ぼくが注文した、天麩羅定食。

P9080554 (448x336)  

20センチはあろうかというでかい海老が三匹。

イカのかきあげとタコの足。

人参と茄子。

赤だしとご飯。

1080円。

京都で食べたら、まず、海老がこんなにおおきくない。

で、たいてい二尾。

値段ももうすこし高くなる。

なかなかうまかった。

 

奥さんが注文した天麩羅うどん。

P9080555 (448x336)

やっぱり、おなじ海老が三尾。

イカとタコは入ってなかったようだけど、野菜はおなじ。

ほかにかまぼこ。

うどんはもっちり。

いくらだったか・・・800円台だったかな?

ダシもなかなかおいしかった。

 

                       つづく



関連記事
2016_09
12
(Mon)00:17

れいによって、9/8から二泊三日で、いつもの宿へ。

台風がちょっと心配だったが、9/8の午前中に大津で大雨にあっただけで、なんとか行くことができた。

宿のある宮津は、午前中大雨警報が出て学校が休みになっていたとあとで部屋係の人から聞いたが、着いたときはぱらぱていどの小雨だった。

いつものように、京都から山陰線を特急舞鶴で西舞鶴へ。

P9080531 (448x336)

 

P9080533 (448x336)

特急 「舞鶴」(前何両かが特急「橋立」、後ろ何両かが「舞鶴」。綾部で切り離して、「橋立」は天橋立方面、「舞鶴」は東舞鶴へ)。

 

西舞鶴からKTR(「京丹後鉄道」と名前が変わっていた。去年は、北近畿丹後鉄道だった)で、宮津へ。 

P9080534 (448x336)

なんだか、アニメとコラボしてたらしい。

 

時間的には、京都から福知山経由で宮津へ特急で行く方が早いが、西舞鶴から宮津までの風景がとてもよくて。

ひなびている、わびているというか。

普通のどこにでもある民家なのに、なぜかそんな感じがする。

山の風情もいいし、由良川沿いの景色もいいし、由良川の河口を渡り、宮津までの海の景色もお気に入り。

そういうわけで、ちょっと、動画も撮ってみた。

 

東雲 か 丹後神崎 あたりで、由良川をのぞむ。

[広告] VPS

編集してないので、変な声とかが入ってますが・・・あしからず(笑

田んぼの黄色がきれい。

亀岡あたりでも稲刈りをやっていたが、葉が緑色のせいか、丹後のこの辺りほど黄色が美しくなかった。

田圃の向こう、山の手前にすこし水面が見えるのが由良川。

最後の方に、ちらっと、由良川の鉄橋が写っているかな・・・。

 

で、そのあとしばらくして、由良川の河口がひらける。

[広告] VPS
 

               つづく



関連記事