2017_06
22
(Thu)23:20

備前水指 2

Category: ゆる茶

塗蓋が昨日届いた。

さっそく、蓋をしてみた。

 

P6222148 (336x448)

 

結構、水指しっぽくなった^^

 

自然釉が白くなっていたり、垂れていたり、また、土の表面が銀色っぽくなっていたり、焦げていたり、となかなか面白い。

 

P6222151 (448x336)

 

口辺や肩には、櫛目がある。

これらの櫛目は、洒落ている。

 

備前の甕、壷、といっても、なかなかこういうのは見ない気がする。

また、備前の水指しで耳付の物はたくさんあるようだが、こういう耳が衝いてるのもあんまり見ないような。

ちょっと面白い。

 

井戸手の李朝白磁があるのであまり出番はないかな、とも思っていたが、山湖図にはもってこい。

白磁の色は、中廻しと被る。

 

P6222147 (512x384)

 

こんな感じで、軸も水指しも活きる。

 

P6222142 (512x384)

 

蓋を取ると、けっこう涼しげ。

 

P6222154 (448x336)

 

 

関連記事
スポンサーサイト