2017_07
19
(Wed)23:12

スペイン泡ボール水指

Category: ゆる茶

/16、宵山で、八坂さんで例年の菓匠会。

帰ってきて、お茶。

 

で、帰った時間もはやかったので、なんとなく、例の泡ボールを水指しに使ってみようかな、と。

釜は雲龍釜。

その他道具はこんな感じ。 

P7162587 (512x384)

 

蓋はこんなふうに・・・ 

P7162595 (448x336)

 

これは、鬼すだれ。

伊達巻きを巻くときのすだれ。

このまえ、有次にいったとき、たまたま見つけたので、出刃といっしょに買ってきた。

こまかいすだれではなく、この鬼すだれが欲しかったが、ちょっと手に入れ損なっていた。

が、有次にあったなんて。

 

P7162588 (336x448)

 

さて、点前の途中で蓋を開ける・・・

P7162596 (512x384)

 

P7162609 (448x336)

 

二十数年前に、京都の民芸屋さんで買った、スペインの泡ボール。

買うとき、気に入ったけどなににしようか、で、水指しとか、という話だったが、実際、水指しなど使うつもりはなかったので、水指しとして使うことはないだろうと思っていた。

で、素麺を入れたりしていた。

あるいは、豚しゃぶ、とか(レタスをしき、トマトをぐるりとして、真ん中に冷しゃぶの豚を)。 

と、その泡ボールが、なんと、やっと水指しとして。

 

翌日、胴締め釜で。

P7172626 (448x336)

 

はじめ、柄杓をこんなふうにおいてみた。

なかなか、悪くないかな・・・。

 

P7172633 (512x384)

胴締めとの相性も悪く成さそう。

 

P7172630 (448x336)

 

無色透明ではなく、緑がかっているので、より涼しげに感じる。


関連記事
スポンサーサイト