2017_08
12
(Sat)22:11

たまたま、ヤフオクを見てたら、見つけた。

色、艶、透明感がとても綺麗なので、買ってみた。

 

P8102779 (512x384)

 

8代宗哲作  溜薬器。

溜塗りの薬器。

帽子棗、とも呼ばれているらしいが、その呼び方は正しくない、とも。

薬器棗、というものもあるが、これとは型はちがう。

ヤフオクでは「溜薬棗」となっていたが、届いてみると、箱には、「溜 薬器」と。
 

P8122830 (512x384)

 

P8102782 (512x384)

「薬器」というわけでか、内側になにか白いものが塗ってある。

なんとなく、釜の炭酸カルシウムみたいな感じで、さわると、ちょっと、カシカシする。

 

P8102801 (512x384)

 

画像ではこの程度だが、実物は、もっと透明感がきれい。

とくに、肩の丸くなっているところ。

また、光のつよさ、見る角度、距離、などなどによって、明るい赤から暗い、ほとんど黒に近い赤までさまざまに変化。

見ていると、この世のモノではないような気がしてくる。

いちまに、「へあがる、ってこういうことやで」とか言ってみたり(笑

 

ふかい、というか。

塗り物なので、木地かなにかの上に塗ってあるだけなのだが、この透明感は、どこまでもこの色、艶、輝きのものが続いている感じがする。

この色、艶、輝きの物体。

とても塗り物とは思えない。

 

溜塗りというのは、赤や紅、時には木地の上に透明な漆を塗ったもの。

時を経ると、透明感が深くなるとは聞いていたが、これほどのものは見たことなかった。

(いろいろ、透明感が深くなる条件はあるらしい)

 

「経上がる」といったのも、半分は冗談だけど、まったくの冗談でもない。

8代宗哲は、文政11(1828)年~明治17(1884)年の人。

この薬器はいつの作かはっきりはわからないが、まあ、150年くらいは経っていると考えてもよさそう。

なので、完全、経上がってる(笑

 

150年を経た、溜塗りの透明感。

この世のものではないような。

 

この美しい透明感もさることながら、もうひとつ驚いたのは、箱から出したときの、手に持ったときの、軽さと堅牢さ。

棗で「軽い」というと塗りの回数が少なくて質的に劣る、という印象を持っていたが、これはその逆。

軽いけど、しっかり。

 

P8102799 (512x384)

 

口のこの薄さ。

約1ミリ。

しかも、この1ミリのまま肩へとつづいている。

あまりにも繊細。

かつ、堅牢。

底の裏の針銘も、思っていたよりかなり小さくて、びっくり。

画像で見ると、拡大されているので、そんな風に思いこんでいた。

 

それに、普通漆器と言えば、木地などに塗ってあるわけで、その「塗ってある」という感じを免れない。

それが、これは、まるで漆そのものといった感じ。

 

12代の宗哲さんがトマトや柿で香合や茶器を作ったことがある、という話を聞いたことがあるけど、たしかに、こういう技術があれば、トマトや柿の薄い皮を活かしてつくれるよなあ・・・とはいうものの・・・。

(これは、乾漆ってこと?)

 

いままで、ぼくが知っていた漆器とは、別次元。

何でもかんでも、溜塗りなら時を経れば、美しくなる、というわけでもないだろう。

やっぱり、150年経っても劣化しないだけのものでないと。

8代宗哲の腕と150年の歳月がうみだした、この世の物とは思えない、色、艶、透明感。

漆器の魅力であり、醍醐味でもある^^

 

ふれたり、扱ったりするのに、値段聞いてもびびったことはないけど、見れば見るほど、この美しさ、触れるのにちょっとびびった^^

 

それとも、この軽さ、硬さからして、この薬器は、乾漆?

だとしたら、木地のものとは、別物なわけだし^^

 よおわからん^^

関連記事
スポンサーサイト