2017_09
19
(Tue)20:33

S/Z な 軸

なんか、へんな軸。

面白そうなので、ちょっと手を出してしまった。

 

P9193308 (384x512)

 

なんて書いてあるのか。

上は上でひとつの熟語。

下は下でひとつの熟語。

 

上。

右の文字から左の文字へつづいている。 

P9193309 (448x336)

 

P9193310 (448x336)

 

ま、なんとなくわかるけど・・・^^

右の文字を、右90度回転。

P9193309 (448x336)

 

して、左右を反転すると・・・

P9193309 (448x336) - コピー

 

「雲」だった。

 

同様に、左は、そのまま反転・・・

P9193310 (448x336) - コピー

 

「龍」。

「雲龍」。

こういうの、鏡文字とか、逆さ文字とか、横倒し文字とか。

調べてみると、昔からあるようで、えらいお坊さんとかも、時々こんな風な文字を書いたり、あるいは、自分の名前を鏡文字にしたり、なんて、遊び心でしてたらしい。

これも、そんな軸、なのかな。

作者は、竹豊博授 とかいう人らしいが、詳細など全く不明。

ま、とにかく、あそびでこんなのを書いたんだろうね。

軸は、とても粗末。

自分で作ったのかな、というくらい。表装も紙。

軸先も紫檀風だが、粗末な木。

掛緒の感じからして、江戸末くらい?

 

上の「雲龍」。なんとなく、雲の中野龍に見える?

 

さて、下の二文字はかなり画数が多い。

右。

P9193311 (448x336)

 

左。

P9193312 (448x336)

 

よく見ると、どうやら、どちらにも「鳥」偏があるような。

と、ここまで来れば、もう、なんて書いてあるか、わかるね^^

 

ちょっと、洒落が効いてる?(笑

右の文字、「雲」同様、右90°回転して、反転。

P9193311 (448x336) - コピー

 

「鸚」。

とくれば・・・

 

左、180°回転・・・

P9193312 (448x336) - コピー

 

「鵡」。

 

ふたつで、「鸚鵡」。

洒落が効いてる、というのは、ただの鸚鵡返しではなかったのか、と(笑

 

それにしても、「鸚鵡」の方の書き順がよくわからない。

目で追っても、途中で、まかれてしまう・・・。

 


関連記事
スポンサーサイト