2017_10
19
(Thu)22:17

極まった・・・釜、かも。。。

人にはそれぞれ、趣味や好みがあるので、あくまでも、ぼくの、好み、趣味ということだけど(と、断るまでもなく、ブログなんて、書いてる人間の趣味や好みに過ぎないのだけど)。

 

今まで、「極まった」茶碗だの、薄茶器だの、水指しだの・・・(もちろん、あくまでも、ぼくの趣味、好みで)。

釜も、とうとう、なんか、そんな釜に出会えたみたい。。。

PA183946 (512x384)

 

なんとも、まあ、シンプルな・・・。

ちょっと、蓋を取ってみる・・・。

 

PA183938 (512x384)

 

まあ、ふつうの、いわゆる、鶴首釜。

ネットの画像で見たとき、あまりにも美しかったので、ついに。

実物を見て、ドキドキした(笑

この写真撮ってるときも、ドキドキ(笑

 

PA183950 (448x336)

 

天明浄元さんの、鶴首釜だと、15代淨心さんが極め。

萬字釜の浄元さんは、6代。古浄元。

こちらは、天明の浄元、つまり、9代浄元。佐兵衛浄元。

ネットにでてるときは「6代浄元」とあったけど、極書きを見て、「9代やんか」って。

いや、ま、9代でも6代でもいいけど、とにかく、釜自体の画像が、美しかった。

 

そして、実物も、やっぱり、美しい。

PA193972 (512x384)  

フォルムと、肌の調和。

鶴首という形は、液体の入れ物のカタチとしては、たぶん、とてもオーソドックスで、普遍性がある。

釜だけでなく、花入れなどにもあるし、鶴首とはいわなくても、徳利とか・・・。

釜としては、ある意味、シンプルだけど個性的といえば個性的かもしれない(が、よく目にするのでそんなに特別とは感じないけど)。

個性的、というのは、凸面と凹面がなだらかにつながっているところ。

釜は、たいてい、凸面だけからできているものがおおい。繰り口釜や、唐犬釜などもふくめてほかにもあるといえばあるが、鶴首ほどどちらの面も多いのは、多くない。

 

そんな、オーソドックスで普遍的で、釜として個性的なフォルムに、この肌。

PA193962 (448x336)

口元はすこしだけ荒らしてあるが、この加減もとてもいい。

所々に、巣も入れてある。

 

PA193965 (448x336)

 

アップにするとこんな感じだが、この肌、この色合いだからこそ、調和している。

これが、たとえば、つるてかとしたなまず肌だったらどうだろう?

あるいは、ゴツゴツとした岩肌だったら・・・。

たぶん、この鶴首にそんな肌は似合わない。

し、ぼくの好みでもない。

 

PA193963 (512x384)

 

毛切りも、すーっと細くて美しい。 

PA193967 (448x336)

 

毛切りの上下で肌をかえる場合もあるが、これはおなじ肌。

そこもいい。

変えてあったら、ちょっとわざとらしくなりそう。

 

口も、このやつれがとても自然でいい。

案外、こういう容器類の口というのはむつかしい。

どういう口にするかで、全体の印象がぜんぜん変わってしまう。

印象だけならいいが、せっかくのボディが台無しになってしまうことだってある。

うえの全体の画像で見ても、口はとても自然で調和している。

PA193975 (448x336)

 

そして、鐶付。 

PA193968 (512x384)

 

釜にとって、鐶付は必要不可欠。

もっとシンプルに、遠山という手もあっただろうが、それではかえって目だちすぎる。

ここは、鐶付としては、ありふれた、オーソドックスな、鬼面で。

そして、この位置、この付け方、この角度。これが、調和していて、かわいい^^ 

 

PA193951 (512x384)

蓋は、浅めの掬い蓋。

シンプルに掬い蓋。

この掬い具合もこの釜本体によく調和している。

ツマミは梅は梅だが、ただ溝が彫ってあるだけではなく、花弁ごとに盛りあがっている梅。

この蓋の赤も、釜肌の色合いによく調和している。

 

PA193969 (512x384)

 

釜として、必要最小限のものしかそなえていないが、まったくシンプルでしかないけど、どこを見ても、どこから見ても、妙なる調和。

 

PA193959 (512x384)

 

あまり近づきすぎず、やや離れてみると、ほんとうに肌が美しい。

ドキドキする(笑

この肌を見ていると、テンションが上がりつつ、リラックスして、落ち着く。

侘びて満ち足りてくる古浄元さんの萬字釜とは対照的。

萬字釜は、肌、萬字紋、雷紋のうち様、やつしてある毛切り、肌や地紋の荒し方などなどとても行き渡っていて相当な腕だと感じたけど、でも、さらに、この鶴首をつくった釜師は腕が立つかと。

なので、佐兵衛浄元でいいかな、とも。

 

ほんとに、妙なる調和。

こんな釜があるなんて・・・。

これらの要素のなにが欠けても、こんなに美しいとは感じないだろう。

しかも、この要素は釜として必要最小限のものだけ。

 

鳴りは、やや高く、肌とおなじで、テンションが上がる一方、穏やかに落ち着かせてくれるような鳴り。

[広告] VPS

まあ、この動画では、あんまりだけど。。。

 

 

PA193976 (512x384)

 

釜鐶もついていた。

細い、釜鐶。

これも、佐兵衛浄元作?



関連記事
スポンサーサイト