2017_10
21
(Sat)21:41

白露もしぐれもいたくもる山は・・・

Category: ゆる茶

台風21号の接近が早まったので、今日、京都へいく予定だったのを中止。

ただ、菓子がピンチなので、午前中に奥さんが京都へいって菓子を買ってきてくれた。

台風に降り込められたときのために、食材などを買い込んできて、午後からゆる茶。 

 

湯が沸くのに時間がかかるので、まず、釜から。 

PA214013 (512x384)

 

濡らすと、「もり山」はこれまたなかなか風情がある^^

ちょうど雨なので、れいの、貫之の「白露も・・・」の歌の雰囲気。

 

PA214017 (512x384)

 

PA214016 (384x512)

 

頼んだほかに、奥さんが見繕ってきてくれた菓子。 

PA214021 (448x336)

 

栗きんとん  亀屋良長

材料は、栗と砂糖だけ。

ちょっと甘めだけど、なかなか悪くないか。

雨もあり、奥さんの都合もあり、京都駅近辺だけだった。

 

PA214030 (448x336)

お疲れで、寝てしまった奥さん(笑

いつものことといえばいつものことだけど。

(こんだけの道具が揃うようなお茶会で、ごろっ、ZZZZ・・・って。ふつうなら、絶対、できない(笑)

 

茶碗、飴釉茶碗(虚室さん)と替えに、古唐津。

古唐津は、「村雨」としようかと前から思っているが、なぜか、雨の日につかいたくなる。

「村雨」は釉薬の具合が、雨のようでもあるので。

 

PA214031 (512x384)

 

それにしても、お茶会などではなく、ふつうに、うちで、日常的に、このくらいの道具でお茶ができるのは、なんとも、しあわせというか^^

リーマンショック以前なら、とても、手に入るような道具ではないだろう。

20年ちょっと前、楽美術館へいったとき、ちなみにおいくらぐらいですか?と聞いたら、1千ン百万くらいです(正確におぼえていないので)と答えが返ってきた。新品の、当代の黒楽茶碗、一碗の値段だ。

あるいは、京都大丸で、茶道具の古道具がでていて、そのなかに、吉左右衛門の筒の黒楽があったが、たしか、800万くらいだったかな・・・。

そのとき、とてもじゃないが、縁がないなぁ、と思ったものだ。

(その当時は、茶碗しか興味がなかったのでほかの道具の値段はしらない)

 

ところが、ここにきて、こんな調子で、いろいろ手が届くようになった。

吉左右衛門の楽茶碗はまだ持っていないが、まあ、同クラス(価格はさておき)の道具(だろう)。

 

考えてみれば、いくら何代にもわたって培われてきた技術による、素晴らしい茶碗だったとしても、茶碗一碗、1千何百万だの、馬鹿げた話。

ほんと、そんな馬鹿げた時代やったんやなぁ、あの頃は、と。

 

ある意味、いまのネットオークションは、宝の山。

一方、関心のない人、関係のない人にとっては、ゴミの山(笑

ただ、宝の山とはいっても、玉石混淆。石ころも、非常に多い。ニセモノ、ではなくても、石ころもほんとにたくさん。でも、その石ころも、誰かにとっては、宝かも(笑

石ころと玉を見分ける目があって、自分の好みがよくわかっているなら、それなりに気にいるよい物が、バカげた値段ではなくて、手に入る。

 

と、いうような話しを奥さんとしたり。

PA214028 (512x384)

今回の鶴首釜についても。

初めて見たときから、奥さんも、綺麗といっていた。

動かしがたい姿、線をもった、唐物のような釜だと。

あと、知足と比較して、話したり。

 

こういう道具を、美術館でも博物館でもなく、特別なお茶会でもなく、うちで気楽なゆる茶で目の前にして、しかも使いながら、いろいろ話すのは、なかなか、たのしい^^ 

 

PA214035 (512x384)

 

午後3時くらいに始めて、気がつくと日が暮れていた。。。

(釜のことばかり書いてるが、今日の画像は、水指しも^^ 光や角度によってこんなにも艶や色あいが変化するというのが、よくわかる)

 

関連記事
スポンサーサイト