2017_12
05
(Tue)20:02

ルーバー復旧

Category:

10月の台風21号で壊れたルーバー。

ぼちぼち、修復。

 

支柱が5本折れていたので、あたらしいのに交換。

交換前に、防腐塗料をぬった。

ルーバー自体はほとんど大丈夫だったので、そのまま使うことに。

ただ、木と擦れて塗料がはげたり、削れたりしたところに、防腐塗料を塗る。

PC054828 (448x336)

 

ルーバーを支柱に固定する金具を替える。

PC054830 (448x336)

左、旧金具。

右、新しい金具。

元のルーバーを使うので、ねじ穴の位置のちがう金具に。

 

折れた支柱は取りのけた。

うちは、固定金具を地中に打ち込んでそこに支柱を立てている。

折れた支柱の残りが固定金具のなかに詰まっていたのを取りのぞく。

(これがかなりたいへんだった。バールでのこった木を壊していくと、ぽこっととれてきた)

 

PC054818 (448x336)

 

取りのぞくと、固定金具はそのまま使えそうなので、ここに新しい支柱を立てることに。

 

12/2,3。

東側のここから。 

PA234058 (512x384)

 

PC054814 (448x336)

 

支柱をあたらしくして、おなじルーバーを使ったので、金具の付け方をすこし変えた。

 

12/9,10 

PA234059 (512x384)

 

ここは、はじめは、風通しのために開けておくつもりだったが、やっぱり閉じた方が庭が綺麗になるし、落ち着くということで、閉じることに。

 

PC054815 (448x336)

支柱が折れていなかったので、ルーバーを、新しい金具でふたたび取りつけた。

 

PA234060 (512x384) 

ここは、2本の支柱が折れていた。

折れた支柱をうしろのフェンスに結束対で固定して、応急処置で、シェードをつけていた。

 

PB014233 (448x336)

ここも、風通しのために開けておこうかと思ったが、やはり閉じることに。

 

PC054816 (448x336)

支柱2本を新しいものにして、ルーバー3枚を取付なおした。

カンツバキの後ろの金具は、一度引き抜いて打ち直した。

 

PC054817 (448x336)

左、前の金具。

右、付け替えたところで、新しい金具。

 

PC054820 (448x336)

支柱には、古い支柱にも、補助金具で補強。

  

PC054821 (448x336)

裏側。

フェンスが丈夫だとわかったので、フェンスに結束帯で。

PC054823 (336x448)

前傾していたのを真っ直ぐに^^

 

PC054824 (448x336)

 

PC054825 (336x448)

ほとんど真っ平らになった^^

もともと前傾してぐねぐねしていたところも直すことができて、以前よりよくなった^^

 

あとは、西の2枚だけ。

関連記事
スポンサーサイト