2018_01
26
(Fri)20:56

香炉峰の雪は簾をかかげて看、うちの庭は簾をおろして看る ・・・

Category: ゆる茶
昨日の雪。
今日は少しとけるかと思っていたら、ますます積もっている・・・
 
P1265511.jpg
 
ちょっと気が向いたので、今日は、卍釜で。
 
P1265512.jpg
 
晴川院の紅梅図は、花の数がかなり多くて、もう少し季節が進んだ頃合いの感じ。
ぬくぬくしてる。
けど、部屋の気温、0度近い(笑
うちは、寝る部屋以外ストーブとか、エアコンとか、暖房してなくて・・・。
去年あたりから、部屋を暖めるよりも着込んだ方が暖かい、といことを見いだしたので。
(リビングはこたつ)
着込んで、使い捨てカイロをいれてる^^
 
ただ、お茶の部屋はホットカーペット。
だったのが、なぜか、また、潰れて・・・(よりによってこの寒いときに)。
で、ホットカーペットだと、卓の下がもったいないな、ということで、それぞれ一人用のホットマットか何にしようと話がまとまった。
今日届いて、早速使った。
 
P1265516.jpg  
 
P1265518.jpg
 
薄茶器、替え薄茶器、茶碗など、釜以外はいつもと同じ。
こう寒いと、逆に、きゅっとこぶりの黒茶碗がよくなる。十分に温めると、ごつごつした感じが和らぐ。
 
寒いと、金溜の棗の感触も手に優しい。
 
P1265519.jpg
 
ただ、この寒さとこのひかりには、卍釜はちょっと役不足な感じ。
寒さには、対抗できない。鳴りも高くおとなしいので。やはり、撫肩釜がものをいうようだ。
今頃の光に、卍釜の肌はあまり映えない。
秋の光の中では、息をのむほど美しく、いかにも侘びていて、それだけではない豊かなものを感じさせてくれた。
 
香炉峰の雪は簾を掲げて看る、じゃないけど、なんか、逆に簾を下ろしてみたくなった^^
 
P1265534.jpg
  
これもなかなか^^
P1265533.jpg  
 
関連記事
スポンサーサイト