2018_03
13
(Tue)00:41

鶴を飛ばす・・・

Category: ゆる茶
桜風景図に、今日(3/11)は、鶴を飛ばそうかなと。
松喰い鶴の釜で。 
 
P3116428.jpg
 
釜が松喰い鶴なので、棗は久々に蓬莱山。 
P3116443.jpg  
 
すると、軸もただの桜風景ではなく、蓬莱山中の風景に。
P3116437.jpg
 
菓子は、「京のおまんじゅう さくら」(俵屋吉富)。 
P3116419.jpg 
 
「八重」のシリーズ。
皮は「八重」と同じで、餡が桜餡入り。
笹屋伊織の「桜しぐれ」ほど、餡は桜っぽくない。
 
P3116420.jpg
 
「さくら」プラス、自家製パウンドケーキ。と、
花見団子をかたどった松露。
すり琥珀製の桜。
どちらも、亀末さん。
ちいさなお菓子だが、この二つが加わることでぱっと華やかでかわいくなる。
しかも、風味もちいさなお菓子だがやっぱり亀末さん。とても満足。
 
P3116445.jpg
 
この釜は、すっきりとして、品があり、ちょっと改まった感じがする早春。
鳴りも、甲高く、薄っぺらい感じから落ち着いてきて、春めいたいい感じの音色に。
 
関連記事
スポンサーサイト