2018_04
28
(Sat)20:30

名残の桜のゆる茶

Category: ゆる茶
軸を桜風景図に。
もう、このあたりは桜も散ってしまったけど。
 
 
釜、阿弥陀堂釜。
ただ、今日のように晴れて暖かいと、糸目筒釜の方がよかったかも。
とりあえず、釜と軸の相性を見たかったのともあるので。
なかなか悪くない。
  
P4287138.jpg
 
茶碗 木引茶碗  猪飼さんの。
薄茶器、さっそく朱茶桶。
茶碗の灰釉の色と朱の色がなかなか面白い。
P4287142.jpg
 
桜の花の季節には、淡赤と。
さすがに、今頃は淡赤は使いづらい。
P4287140.jpg
 
P4287157.jpg
 
菓子は、八重(俵屋吉富) 
P4287141.jpg
 
P4287154.jpg
 
壺々と刷毛目を返品したが、そのぶんも、これで十分いける。
というか、よくなった。
 
P4287159.jpg
 
関連記事
スポンサーサイト