2018_05
05
(Sat)23:45

御物袋

Category: ゆる茶
アロン・サイスの志野茶碗が箱なしだったので、箱を、と思ったついでに、御物袋もあるといいかな、と。
それで、いちまのおべべの残りで何かできないかな、と。
ちょうど、こんな本もあるし・・・。
以前、茶入れの仕覆をつくろうと購入した本。(仕覆は結局作れず仕舞い・・・)
 
いちまの晴れ着の手描き友禅の縮緬が、淡赤の仕覆によさそうなので、まず、それから。
新聞紙で、型紙をつくった。
 
とりあえず、今ある物でできるところまで、と作ってみた。
裂を裁断して、綿を入れて、まち針で止めたところ。 
P5057280.jpg
P5057279.jpg
裏 
 
ここから、緒をつける。
布団針と緒が必要。
今日はここまで。
だいたい、2~3時間くらい。
いちまのおべべに比べれば、ここまではとても簡単^^
 
関連記事
スポンサーサイト