2018_05
10
(Thu)19:44

いつもの宿で・・・  2018/5月

Category:
5/8から5/10まで、二泊三日でいつもの宿に。
 
部屋は二泊とも、奥庭に面した花月。
 P5097386.jpg  
 
去年の9月に行ったときのブログが、夕餉が一泊目しかアップできなかったので、そういうことがないように今回はまず、夕餉から。
駆け足で^^
 
旬の味覚懐石
一 食前酢 蜂蜜入り紅芋酢 (いつもの食前酢。ハート型の白磁のちいさな足つきのグラスに。画像、とりわすれた・・・)
 
一 先八寸
P5087348.jpg
 
P5087350.jpg
長芋豆腐  蕨・クコの実 山葵
 
P5087351.jpg
揚海老  海老ちまき  新水雲酢・花丸胡瓜 小袖寿司
 
P5087356.jpg
海老ちまきのなかみ。
車エビの身にからすみがまぶしてある。
頭は揚げ海老に。
 
水雲は宮津産。とてもきめ細かい。
 
P5087357.jpg
小袖寿司  サワラ。
蓬が添えてある(食べない)。
 
一 椀盛 清汁仕立
P5087359.jpg
 
P5087360.jpg
ぐじ・蓬麩・しめじ。
ぐじは、ふわふわ、ほろほろ。
蓬麩は一度揚げてある。
 
かつお主体のすっきりとした、しゅっとした清汁。
 
一 向付 造り 地のもの四種
P5087362.jpg
 
P5087363.jpg
ヤリイカ
 
P5087364.jpg
甘海老
いさき
 
山葵醤油 生薑醤油 昆布塩 で。
 
一 酢物
P5087365.jpg
丹後の岩牡蠣 土佐酢ジュレかけ
岩牡蠣に土佐酢ジュレというのは今までにないメニュー。
(いままでは、レモンをかけていた)
とてもおいしかった。
 
一 焼物
P5087367.jpg  
 
P5087368.jpg  
鱸塩焼き。
蓼酢で。蓼酢はおもゆに溶いてある。絡みがよくなるので。
蓼酢がからんだ表面の焼きしまっているところは、なんとなく鮎っぽい。
鮎をイメージしたメニューかも。
 
一 合肴
P5087370.jpg
桜鯛しゃぶしゃぶ
野菜いろいろ(白菜、ハチク、白ネギ、椎茸、かいわれ)
ポン酢 もみじおろし
 
P5087371.jpg  
 
一 油物
P5087373.jpg
丸茄子揚出し 
鰆フリッター 豌豆
 
一 ごはん
P5087375.jpg
鯛茶漬 ぶぶあられ
 
P5087376.jpg
胡麻醤油風味の鯛
 
P5087378.jpg
ほんのり風味のだしを。
 
あたらしい料理長になって、今回二度目。
ごはんに凝る人だと言うこと。
 
一 香のもの
P5087379.jpg 
胡瓜の辛子漬
大根浅漬
葉山葵ちりめん(渋谷商店)
 
画像は、葉山葵ちりめんのみ(笑
この山葵ちりめんがとてもおいしかったので、白ごはんをたのみ、お茶漬^^
P5087381.jpg
 
一 水物 
P5087380.jpg
枇杷のコンポートあんみつ
小豆 白玉 アイスクリーム
 
アイスクリームの中に枇杷のコンポート。
小豆は、以前の善哉の風味そのまま。ただ、善哉はなくなった。
 
以上駆け足で。
どれもとてもおいしく、印象にのこるものばかり。
新鮮、というより、素材のどれもが生き生きしていた。
 
お酒  香田(こうでん) 冷やで。
 
関連記事
スポンサーサイト