2018_05
12
(Sat)01:29

いつもの宿で・・・  2018/5月   その2

Category:
 
  
5/9、二泊目の夕餉。 
 
一 食前酒  梅酒
 
一 先付  旬野菜煮凍り 胡麻酢クリーム
      但馬牛握り
P5097441.jpg
 
P5097442.jpg  
楓の葉の下 ハチク
P5097444.jpg
ヤングコーン トマト ブロッコリーが煮凍りに閉じ込めてある。
 
P5097443.jpg
但馬牛握り。
たった二貫だったが、但馬牛が堪能できた。
ジューシーでとろけるよう。 
 
一 椀盛り  清まし仕立て 新玉葱 蕨 結び三つ葉 柚
P5097445.jpg  
 
P5097447.jpg
淡路産の新玉葱のすまし汁。
これは、「えっ」て感じで。
玉葱のすまし汁・・・なんて、生まれて初めて。
逆か、すまし汁のメインが玉葱・・・なんて。
淡玉はうちもよく食べるけど、まさか、すまし汁のメインなんて。
しかも、蕨と。斬新、というか・・・。
 
一日目とはすましの風味も違っていた。
まろやかで、前の料理長ふうの味付け。
どれも印象深いのだが、とくに心に残った一品。
 
P5097448.jpg
器も、蒔絵の、この宿で初めて見る器。
 
一 向付  三島虎魚薄造り 皮剥 中トロ あしらい一式
P5097450.jpg
 
P5097451.jpg
三島虎魚薄造り。
ミシマオコゼ、という魚は初めて。
食後に調べてみると、オコゼとはいっても、オニオコゼなどのオコゼとはちょっと違っているらしい。
足が速いらしく、こういう魚がメニューに上るのも、新しい料理長さんならでは。
栗田(くんだ)の漁港の朝市で直接仕入れてきているので。 
薄造りでほどよい歯ごたえがあって、おいしかった。
 
P5097452.jpg
中トロと皮剥。
皮剥は芽ネギ、肝がくるんであった。
 
一 焼物  カマス一杯醤油焼き 色紙昆布木の芽煮 酢取り茗荷
P5097454.jpg
一杯醤油とは、醤油とだしを一対一であわせたもの。
ほんのりと一杯醤油のお焦げの風味が口の中に広がり、香ばしく、たまらなくおいしかった。 
 
一 合肴  剣先烏賊新子の酒盗焼き 万願寺とうがらし 酒盗だれ
P5097455.jpg
 
P5097457.jpg
 
P5097459.jpg
ちょっと塩辛かった。と、まあ、塩辛なので塩辛くて当たり前なんだろうけど^^
焦げる匂いが、ちょっと、縁日のイカ焼きのよう。
酒盗が少し焦げるくらいで、中はプリプリ、とてもおいしかった。
 
一 炊き合わせ メバル煮付け 豆腐 木の芽
P5097460.jpg
 
P5097463.jpg
 
P5097461.jpg
メバル一匹を二皿に。
画像は降格なのでメバルが小さく見えてしまうが、たぶん、尺もの。
煮汁がまったく醤油辛くない。むしろ薄味。
なのにメバルにはしっかり味がしみていて、とてもおいしかった。
身の煮しまり具合も、ほろほろとしてよかった。
あまりにもおいしいので、白ごはんをわざわざ頼んでしまった。
P5097464.jpg  
ごはんに身を、その上から煮汁をかけて^^
ごはんもぷりぷりとしていておいしい。
ただ、ここでごはんを食べたのは、ちょっと後悔。
でも、おいしかった。
 
一 酢の物  鰆叩き 新玉葱 豌豆 薬味 ポン酢
P5097465.jpg  
鰆の叩き、これも、地元だからこそ。
豌豆は肉厚。
 
一 食事  新生姜ごはん 焼き穴子 香の物
一 留碗
P5097467.jpg
この新生姜ごはんは忘れがたい一品(みんな印象深いのだが、とくに)。
穴子が、ふわふわの卵焼きのよう。タレはほんのり、穴子独特の匂いなどもまったくなく、ほんのりあまい。
メバルご飯を後悔した、とはこのご飯のため。二杯しか食べられなかった。
今日も、夕飯の時、ごはんを食べていて、この新生姜穴子ご飯を思い出して、無性に食べたくなってしまった・・・。
 
香の物は、白菜と壬生菜。
留碗は、いぜんとおなじ風味の赤だし。
 
一 水物  パパイヤと葡萄のレモンジェル
P5097468.jpg
 
P5097471.jpg
レモンジェルの酸味とパパイヤのハーモーニー。
 
以上、駆け足で。
酒は、香田を常温で。
 
関連記事
スポンサーサイト