2018_05
28
(Mon)01:12

ひさびさ京都へ

Category: 京都
5/26、ひさびさに京都へ。
高島屋で、伝統工芸展近畿展があったので。 
耕園さんのボンはよかった。みたとたん、思わずこちらもにっこり。値段もよかった(笑
猪飼さんの壺もまあまあ。
偶然、耕園さんにも猪飼さんにも会って、すこし話した。
 
そのあと、御物袋のかがり糸を買いに、寺町六角の伊藤組紐店さんへ。
出てきたのが若い女性で、しかも、綺麗は綺麗な人だったけど、結構派手というか、ケバいというか^^
たしか、茶髪でまぶたにラメ。ネールが青だったか。ジーンズにTシャツ。
組紐店のイメージとギャップ大(個人の感想です)。
そのあと、有喜そばさんへ。
寺町にもあったのだ。
と、有喜そばの店員さんも若い女性がいて、さっきの組紐やさんの人とよく似た感じの化粧。
これは、今はやりの寺町コスメなのか・・・?
 
寺町六角の有喜そばさんは、文博店とは違って、超こじんまり。
ちいさなテーブル4つに4席で16席、プラス、さらにちいさなテーブルひとつに1席、計、17席。
ただ、なんか落ち着く(笑
高島屋の冷房で体が冷えていたので、温かいものを食べた。
卵とじ天丼とわんこそば、奧さんが親子丼とわんこそば。
 
P5267667_20180528002935190.jpg
卵とじ天丼とわんこそば。
卵のとろとろ加減がとてもよかった。
卵かけてあるのに、天ぷらはサクッ、と。
海老も大きい。
なんてことない一品だけど、あー、久しぶりに京都のごはん食べたなぁ、と。
 
P5267666_20180528002936fb9.jpg
親子丼とわんこそば。
とろとろの卵とじがかけてあって、その上、黄身が真ん中に。
 
そのあと、錦のレッグ・ヤスダさんへ。
ブログには初登場、だけど、ぼちぼちお世話になっている。
靴下とか、腹巻きとか、絹の五本指ソックスとか。
知る人は知ってる、結構すごい店、かも。
(なんせ、わざわざ東京から買いに来る人がいるほど)
今回は、奧さんが膝が痛いのでちょっと、レッグ・ウォーマーを買いに。
たった1000円、1500円(といっては失礼だが。ご主人さん、すいません)の品物なのに、ご主人さんの商品説明が、微に入り細に入り、すごい。
これぞプロ、といつも感慨深い。
 
大丸で、伝統工芸展の染色部門の展覧会。
近畿展の方はなんかイマイチだったが、こっちの着物や帯はだいたいがなかなかよかった。
伊勢丹プロデュースの養蚕のビデオをやっていたが、これが、なんか、僕が生まれた頃くらいの感じ。
50年くらい前の感じ。
 
大丸の茨木屋さんてんぷら(練り物の揚げ物)と鱧皮(これも久しぶりに手に入った。去年はよい鱧皮がなくて、商品自体がなかった)で平野さんで夕食を買って帰る。
帰ってからお茶。
 
菓子が久しぶりに、亀末さんではなかった。
高島屋の和菓子売り場へ行ったので。
 
四葩(よひら) 羽二重製  塩芳軒
 
塩芳軒さん定番の羽二重。
新春ころだと、「福梅」という。
ホイップしたようなふわふわな羽二重に白あん。
口の中でとろける。
久しぶりに食べたくなった。
 
早苗  黒糖入きんとん製  千本玉寿軒
P5267669.jpg
たしか、千玉さんの黒糖入りの餡がけっこうおいしかったという印象があったので。
種は白あん。
 
そう、錦平野さんのバーガー。
お惣菜屋さんが、だし巻き玉子のバーガー。
鴨ロース入り。
これは画像取り忘れた。
ちょっと塩辛かったかな。
それにしても、だし巻き玉子があんなにたくさん。
京都のお惣菜と言えば、だし巻き玉子、とかなんか、はやってるの?
九条ネギ入りのだし巻き玉子も買った。
これもなかなか。
ほかに、鱧天ぷらと揚げ出し豆腐のセットも。
 
玉子焼きサンドと言えば、志津屋さんのが大好き(笑
あのセット、オムレツサンドとビーフカツサンドのセットは、はずせない(笑
それ以上に外せないのが、カルネだけど・・・^^
 
関連記事
スポンサーサイト