2018_06
17
(Sun)19:22

亀末廣 上生三品 & 猪飼さんの小皿

6/16、久々京都へ。
イオンモール(無印、ユニクロ) → 亀末さん → 瑞雲堂 → 大丸 → 
伊勢丹 → ジュピター → 帰宅
帰ってからお茶。
亀末さんとこの上生を猪飼さんの小皿で。
 
葛焼き  葛製  亀末廣  灰釉巴小皿 猪飼さん
 
葛焼きは言わずもがな。
久しぶりに食べて、やはり感動。
 
それにしても、小皿。
葛焼きも映えるが、皿も映える。
深みのある、落ち着いた灰釉に真っ黒ではない、ほんのり小豆色かがった黒い葛焼き。
寂か。
 
水牡丹  葛製  亀末廣  灰釉渦巻き紋小皿  猪飼さん 
P6167974.jpg 
水牡丹に動きのあるこっちの皿を。
水面に咲く蓮の花が風に揺れて、水紋が広がっていくよう。
 
水牡丹については言わずもがな。
とろん、ぷりんとした葛。
深みのある、品よい白あん。
 
青梅  外郎製  亀末廣  灰釉巴小皿 猪飼さん 
P6167976.jpg 
 
青梅  外郎製  亀末廣  灰釉渦巻き紋小皿 猪飼さん
P6167979.jpg 
 
どっちが面白いかな?
 
青梅、種の白餡が感動的。
ヘタのあたりも含めて、リアルな上生。(以上奧さん)
外郎ももっちり、やわらかくて、ぷつりとかみ切れる。へんな粘りなどない。
餡、外郎ともに感動的。 

関連記事
スポンサーサイト