2018_06
24
(Sun)19:00

夏柑糖  老松

6/23に奧さんが買ってきた。
暑くなったと思うと、また涼しくなってなかなか食べたいと思わなかった。
今日(27)は、晴れて暑くなって、ちょうど夏柑糖日和。
 
ただ、例年にくらべるとかなり小ぶり。
 
そのうえ、ちょっと「面が悪い」のが多かったそうな。
これも、「夏」の字のうえ、蓋になっているところにすこし傷がある。
ただ、まあ、日当たりのよいところにあったという証拠でもある。
 
切ってみると皮が薄く、中身の量は例年とおなじくらい。
綿のところをとって薄くしたのかかな。 
P6248070.jpg 
 
味はとてもよかった。
酸、甘、苦のバランスがとてもよく調和している。
薄すぎず、濃すぎず。
ただ、どの味も結構くっきりとしていて、以前のような、奥ゆかしさはなかった。
ここ十年くらいか、温暖化の影響もあって、毎年、かなり違っていて、不安定な感じ。
今年も、和歌山と萩なのかな(確かめていない)。
なんとなく和歌山のが入ると、逞しい、というか。
ほのっとした、奥ゆかしい感じではなくなる気がする。
でも、今年のはバランスよく、おいしかった。 
 
関連記事
スポンサーサイト