2018_06
30
(Sat)22:40

灰陶緑釉彩花入  猪飼祐一 作 

これは、今回の猪飼さんの個展で、1、2のできではないかな、と。
DMの花入でもある。
 
 
 
P6308183.jpg 
 
俑の女性像をイメージして作ったとのこと。
それもあってか、伊賀の花入れを思わせる。
全体の姿なりやざんぐりとした削り目なども面白い。
 
釉は、灰釉と緑釉・黄瀬戸。
白っぽいところが灰釉。
まえにも書いたけど、灰釉と織部・黄瀬戸は、ほとんどお目にかからない組み合わせ。 
一つの造形物のなかに同居させるには、かなり困難な組み合わせ。
というのも、焼成方法が、還元と酸化で相反しているから。
それを一つにしたのが、この花入れ。
 
P6308185.jpg 
 
この花入れだけでもかなり面白い。
けど、さらに・・・
P6298141.jpg
灰釉の壺と並べてみると、もっとくっきりする。
まったく、対照的。
この灰釉の壺の轆轤がひける猪飼さんが、この花入れも。
灰釉の壺は古典のなかに現代が息づいているが、花入は現代のなかに古典が息づいている。
どちらも、床の雰囲気、部屋の雰囲気をかえ、支配するオーラを持っている。
 
これもあり?(笑
P6308177.jpg 
 
「せまいよ~」by いちま
 
関連記事
スポンサーサイト