2018_09
28
(Fri)23:01

天橋立へ 歩き~(あるき~)

Category:
9/25。
二日目。
宿の料理だけだと、ヨーグルトや野菜ジュースが飲みたくなるので、近所のスーパーまで買いに。
一時半頃。
そこでたまたま地図があって、天橋立まで、約1.5キロということが判明。
いままで、宿からの眺めや、行くとなったら列車か車か遊覧船か、というので、なんか遠くてめんどくさいなぁ、とおもっていた天橋立。
それが、1.5キロって、近いやん(笑
時速4キロで歩いたとして、これはかなりゆっくりだけど、30分かからない、ということ。
なので、行ってみることにした。
 
宿の部屋からの天橋立。
とおいよな~と。
 
 
天橋立には、はじめて宮津に来たとき以来。
20年以上も来てるのに。
ま、なんか、そういう気になるときもある^^
 
こういうところや・・・ 
P9259226.jpg 
 
こういうところや・・・
P9259227.jpg 
 
こうゆうところや・・・
P9259228.jpg 
 
こういうところや・・・
P9259229.jpg 
 
こうゆうところや・・・
P9259230.jpg 
 
こういうところをとおって・・・ 
P9259231.jpg 
 
はや、こんなところに着きにけり・・・
P9259232.jpg 
 
来し方をふりかえる・・・ 
P9259233.jpg 
まん中の白い三角形の建物。
宿の近くにある市民ホールかなにか。
 
行く手は・・・
P9259237.jpg 
 
さらに行き行きて・・・
とんびがいたり・・・
P9259240.jpg 
 
行き行きて・・・
宿の方を眺めたり・・・
P9259245.jpg  
 
こんなところがあったり・・・
P9259246.jpg  
 
P9259248.jpg 
 
P9259250.jpg  
なんでも、「丹後物狂」のゆかりの石とか・・・
ちょっと、かわった石。
なんとなく、オームみたい(笑 
P9259252.jpg
 
さらに行き行きて・・・
すごい・・・牡蠣の殻がいっぱい・・・ 
P9259253.jpg 
 
行き行きて・・・
あれに見えるは、旋回橋。。。
P9259255.jpg 
 
水が綺麗で、水中の魚がいろいろよく見える・・・
エイがいたり・・・
P9259258.jpg
 
ミズクラゲがういていたり・・・ 
P9259262.jpg
クラゲを食おうとしているカワハギの仲間。
ほかにも、ベラ、ボラ、クロダイ、ウミタナゴ、キュウセン、 カマス、などなど。
南洋の 色美しい魚とはいかないけど、なかなか。夏に来て、シュノーケリングしたくなった^^
けど、こんなところでシュノーケリングしてたら、きっと怒られちゃうだろうな・・・。
 
さらに行き行きて・・・ 
P9259266.jpg 
 
船宿と 
P9259267.jpg 
 
船着き場と灯台・・・ 
P9259269.jpg 
 
旋回橋から来し方を・・・
P9259271.jpg
 
反対側・・・  
P9259270.jpg  
 
はや、丹後国、天橋立に着きにけり・・・
P9259273.jpg  
ちょっとだけ、大天橋に足を踏み入れる。
 
P9259275.jpg 
なんか、松の木立の具合が、なんともうつくしい。
人の手が入っているといえばいるのだろうけど、松と松の間隔とか、木立の様子が、なんとも庭のようであって、庭でない。庭のようでなくて、庭のよう。
しかも、なんか不思議。この地形、この松林。以前はこんなふうには感じなかったが、なんだか今回は、なるほど、神がかった土地だ、と。
 
宮津湾側の白砂の方へ。
P9259277.jpg 
キスかなんか釣れるのかな、釣りをしている人が結構いたり。
 
来し方をのぞむ・・・
まん中に白いちいさな建物。例の宿近くのホール。
P9259279.jpg  
 
反対側、沖の方・・・ 
P9259283.jpg 
ああ、やっぱり、琵琶湖とは違う。
海に山が迫り入り組んだ感じはちょっと似ている。けど、もっと、奥行きやひろがりを感じる。
それに、水が違う。琵琶湖の水より粘りがある、そんな波の立ち方。淡水と海水の違い、かな。
寄せては孵す波。生命の始まり、などといわれている、泡も、濃密。ヴィーナスや人魚姫のエピソードもまんざら、まったくのでたらめというわけではない。。。
 
浜から、橋立のほうを・・・
P9259281.jpg 
白砂青松・・・ちょっと雲があつくて、砂も松も陰ってるけど・・・。
これこそ、浜松。。。
浜松地紋の釜は掃いて捨てるほどあるけど、橋立紋の釜っていうのは、みたことないなぁ、とか。
浜松、といえば、橋立もふくんじゃうか。
橋立地紋真形釜、って、ちょっと面白そう?
 
こんどは橋立の反対側。阿蘇の海へ・・・
P9259284.jpg  
静かな鏡面のような水面。
ちょっとどんより・・・。
さっきの旋回橋ともうひとつの橋のところが、宮津湾とつながっていて、水が出入りしている。
来たとき、引き潮だったのか、阿蘇の海から宮津湾の方へすごい勢いで水が流れていた。
流れがないときもあって、帰るときは、しずかだった。
 
P9259286.jpg
 
P9259287.jpg 
 
今は、小天橋がふたつあるけど、以前はひとつだったようだ。
しかも、小天橋がふたつになったのは、結構、近年のよう。
さっきの看板。 
P9259232.jpg 
この「大天橋」と「小天橋」は以前はひとつだった。
 
このあと、さらに、知恩寺へ・・・。
 
帰りの宮津湾。
雨が降ってきた。
P9259323.jpg  

関連記事
スポンサーサイト