2018_10
22
(Mon)22:24

重いゆる茶

Category: ゆる茶
軸を替える。
 
 
景樹の和歌の軸。
  
   高砂のまつは嵐も聞きにけり
     きみの千歳のかげも長閑に
 
上の句は生前のたとえととり、下の句は今の様子ととる。
 
『聊斎志異』的会話。
 
「お前の通夜だの葬式だの、ほんとは、行きたくないんだよな。いまさら、おまえの死に顔なんか見たってしかたない。見る必要なんかない。会って話しができる、ていうなら、行く価値もあるけどな」
「お兄ちゃんは、もぉ、すぐそんなこと言う・・・」
「だってそうやろ? なにやってんねん、ほんま? なに、やっとるんや・・・」
 
PA220036.jpg  
 
「なーんか、いちまも、ぐずぐすって、ぐずりたそうな顔してる、な、いちま・・・」
 
PA220037.jpg  
 
でも、まあ、いいか。。。
どうも、父、母、妹の三人で、仲良くほっこりしてるようにしか思えない。
   
関連記事
スポンサーサイト